幼児親子体験広場 はぴはぴクラブ 作って食べよう♪かたつむりパン

2018/07/07 Sat

「幼児親子体験広場 はぴはぴクラブ2018」
 ~作って食べよう♪かたつむりパン~
6月3日(日) 谷津公民館 調理室

2018年のはぴはぴクラブの第1回目は、親子でパン作りを行いました。
このプログラムは成型の部分をゆっくり楽しみます。
スタッフが一足先に調理室でパン生地を仕込み、
みんながやってくるのを待ちました。
「幼児親子体験広場 はぴはぴクラブ2018」
 ~作って食べよう♪かたつむりパン~
6月3日(日) 谷津公民館 調理室

2018年のはぴはぴクラブの第1回目は、親子でパン作りを行いました。
このプログラムは成型の部分をゆっくり楽しみます。
スタッフが一足先に調理室でパン生地を仕込み、
みんながやってくるのを待ちました。
パン 生地作り
パン 生地発酵中

かわいいエプロン姿のみんなが集まったところで
講師の先生からパン生地のこと、形の作り方などの説明を聴きます。
パン はじまるよ

ひとりひとりに渡されたパン生地は、ほんのりあたたかくてやわらかです。
先生に言われたとおり、みんな両手でやさしくそぉーっと受け取ります。
パン 生地受け取り

いよいよ形をつくります。
「どんな形にする?」「う~んとね…」
親子で会話をしながら楽しく作業が進みます。
パン ママと考え中_convert_20180707041609 (1)

どのお母さんも子どもたちのやりたい気持ちをやさしく聴いています。
講師やスタッフが、一緒に作業をしながらその会話に加わります。
「上手くできたね」「どんなパンになるかな」
親以外の大人と話す中で、
ほめられたり共感してもらえる体験はとても大切です。

どの子も思い思いの形を作るのに夢中です。
なかなか根気も必要です。
パン こねこね_convert_20180707041722 (1)

形が出来ると嬉しい!
パン ばんざい_convert_20180707041823 (1)


そして二次発酵をさせて、いよいよオーブンへ。
上手く焼けるかな♬
美味しくできるかな♬

パンが焼きあがる時の幸せな香りが部屋中に広がると…
みんなのパンがこんがり焼きあがりました。
DSC_1319[312]_convert_20180707041751 (1)


なんだか食べるのが勿体ないけれど
みんなでパクリ。
「おいしいね」「ふわふわ~」
子どもたちもママたちも
みんな笑顔になりました。
おばあちゃまの参加もありましたが
お孫ちゃんが作った可愛いパンを
スマホで撮っておられました。

パンを焼くのはお家でもできます。
でも、みんなでやるからより楽しさが広がります。
他の子が自分とは違うものを作っていることに驚いたり
色々な人とお話したり…。
みんなで「いただきます」を言う時には
なんだか嬉しい気持ちになります。


※「はぴはぴクラブ2018」は通年参加登録型です。
  現在メンバ―追加募集中です。
プログラム詳細はHPをご覧ください。http://www.gekijou.org/hapihapi.html
 (参加費は登録時期によって変わります)
  お申込みお問い合わせは、ならしの子ども劇場までお問合せください。

エンデパッパサークル「みにくいあひるのこ」事前活動 サンドイッチパーティー

2018/06/26 Tue

日時:6月19日(火)12時半から14時半
参加人数
会員 子ども4人 大人5人
一般 子ども7人
場所:谷津パークタウン集会所


谷津南地区エンデパッパサークルでは
7月1日(日)に行われる「みにくいあひるのこ」の事前活動として
「サンドイッチパーティ」を実施しました

今回は〇、△、□の形を使って人形劇を行います。
丸いパン、丸いトマト、三角に切ったハム、四角いハム、
四角いパン…などの形を楽しみながら、
自分で好きな具材を選んでサンドイッチを作って食べました。

ブログ_2
今回の参加者は元気な男の子ばかりでした。

ブログ_1
サンドイッチの用意ができました。
おいしそうな具材がたくさんあります。

おいしかったね。
「みにくいあひるのこ」が楽しみになりました。

くわえ・ぱぺっとステージによる人形劇「みにくいあひるのこ」は
7月1日(日)新習志野公民館にて 14:00開演です。

「稲坂研究室から見た 『ならしのこまち』」報告

2018/06/22 Fri

5月30日(水)12時~12時半 事務所にて
参加者 千葉工大稲坂研究室:学生1人、子ども劇場:20人

講師に千葉工業大学 稲坂晃義先生をお迎えして
「稲坂研究室から見た『ならしのこまち』」 というテーマで
お話をしていただきました。

稲坂先生が感じた「ならしのこまち」の感想を、
先生の研究されている都市デザインの観点からお話してくださいました。

IMG_0082 (002)

先生のお話を要約すると次の2点です。

◎ならしのこまちには、人が都市を形成してきた過程が自然に表れていた。
   *人が集まる → 仕事が集まる → 仕事がある → 人が集まる → モノも集まる
      
◎大人が用意したまねごとではない本当の職業体験ができる場
  子どもが「ならしのこまち」の中でサバイブしていく中で、様々な気づきが得られる
  教育効果について研究対象とする価値がある

参加者はメモを取りながら、真剣に、
時には、稲坂先生の楽しいお話に笑いながら、楽しく聴いていました。

IMG_0084 (002)

先生のお話を聴いて、ならしの子ども劇場の
子どもがつくる子どものまち「ならしのこまち」が
子どもにとって大切な体験の場であることを再確認することができました。

来年3月に開催予定のならしのこまちが
子どもたちがもっと楽しめる場となるように

稲坂研究室と関わり合い、共に考え合いながら、
これから一緒に創り合っていきます!

くすくすサークル「みにくいあひるのこ」事前活動 サンドイッチパーティー報告

2018/06/21 Thu

6月19日(火) 12:30~15:00 菊田公民館2F調理室
参加人数 会員/大人3、子ども4  一般/大人5、子ども9 合計21人

習教研の給食なし・早帰り、に合わせて、サンドイッチパーティーを企画しました。

身支度を整えたら、ゆで卵の殻をむくところからスタート
「やったー、からむきだー!」と はしゃぐ男の子

からをむいたら、つぶしてマヨネーズと混ぜます

今日の具材は、卵、 ハム、チーズ、レタス、イチゴジャムとチョコクリーム。
今回は、食パンに具材をのせて、半分に折りたたんでサンドイッチにします
それぞれ 自分で作りますが、半分にするのも三角に折りたたんだり、いろいろです。

Attachment-1 (002)


出来上がったら「いただきまーす」
しばらく静かにモグモグしていましたが、 おなかが満足してきたのか、またにぎやかに。
「レタス、おいしい」「チョコクリーム、もっとはさもう」

デザートにゼリーを食べて「ごちそうさま」

「みにくいあひるのこ」はもちろん、劇場の活動の案内をした後は、
みんなで後片付けをして 終わりました。

楽しかったサンドイッチパーティー、またやりたいです

「みにくいあひるのこ」看板作り

2018/06/21 Thu

6月10日(日) 
ダンボサークルとうさぴょんまほうサークルの親子13人が集まり
7月1日の鑑賞例会「みにくいあひるのこ」の看板を作りました

子どもたちは、人形劇に出てくる、あひる、ぶた、さぼてんくん などを作り、
大人は看板の土台や題字などを作っていきます。

途中、お昼を食べ、美味しいおやつを食べながら、
2才の子から、大学生、大きな大人も一緒にワイワイ楽しく作りました
集まるって本当に楽しいね

image1 (002)

image1 (003)

image1.jpg

「みにくいあひるのこ」を観に来てくれた人が
この看板を見て楽しい気持ちになってくれたらいいな

image1 (004)

くわえ・ぱぺっとステージによる
○△□と
形で創る「みにくいあひるのこ」 
7月1日(日) 新習志野公民館にて 13:45開場 14:00開演 です。
https://www.facebook.com/events/172086560161329/
観に来てくださいね



プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR