スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンデパッパサークル 福豆まき&「ともだちや」事前活動報告

2018/03/01 Thu

1月30日(火)14時半〜15時半 パークタウン15号棟集会所にて
谷津南ブロック エンデパッパサークル
福豆まき&「ともだちや」事前活動を行いました。

参加者は、会員子ども4人、大人4人、一般子ども30人、大人6人。

参加者の来場がばらばらだったので、
みんなが揃う前に「ともだちやカード」を書いてもらいました。

参加者は3年生が大部分を占めていました。
「ともだちとやりたいことはなに?」の面はすぐに書けましたが、
「あなたにとってともだちってなに?」の面については考え込む子もいました。

スタートは、絵本「ともだちや ともだちごっこ」の読み聞かせから。
小さい子もいましたが、ちょっと長い絵本だったにも関わらず
最後まで静かに絵本に聞き入っていました。
劇にも出てくるお話だったので、当日「ともだちや」を見るのがとても楽しみです

読み聞かせ

最後は福豆まき
お菓子が大好きな子ども達の降ってくるお菓子を待っている姿は
熱気に溢れていました

犬年の子と6年生の子の4人が『福』を撒きました。
お菓子が降ってくると、子ども達ははしゃぎながら
自分のまわりにあるお菓子を拾いあげて持って来た袋に入れました

福まきjpg

福まき2

終了すると、お互いに気遣ってお菓子を譲り合う微笑ましい姿も見られました。
皆さんにもたくさんの福が降ってきますように

劇団「風の子」によるワークショップ「まいごのこねこちゃん」

2018/02/26 Mon

2月18日(日)10:20~12:30
谷津公民館講義室
はぴはぴメンバー7組
会員1組 一般1組

親子でたくさんの体験を重ねてきた
はぴはぴクラブも残すところあと2回。
今回は劇団「風の子」の
大森さんによる劇ごっこ遊び
「まいごのこねこちゃん」です
プロとして日々たくさんの親子と
遊び合っている大森さん。
ひとこと声をかけるだけで
あっという間にみんなの心を
つかんでしまいます

ふれあい遊び
くすぐったい~

触れあい遊びをしながら
心も体もほぐれていつの間にか
心のあそびスイッチがオン

ふれあい遊び2
一緒に遊ぶ

ふれあい遊び3
アリさんに変身~

何でもイヤイヤ!という女の子の
お話では思いっきり笑ったり、
女の子を心配して子どもたちが
アドバイスしたりと
すっかり大森ワールドに
引き込まれていきました
それから新聞を使って
いろんな遊びをしていると
どこからかこねこの鳴き声が…。
話をきいてみると家族とはぐれて
しまったみたい。「それならみんなで
探しに行こう!」大森さんの声かけで
自然と物語に入っていく場面は
「さすがプロ!」のひと言でした

猫登場
ママたちがまいごなの~

新聞でバスを作って出かけたり参加者が
お店やさんになる場面ではアイデア
あふれるたくさんのお店ができました

バス
バスに乗って出発だ

お店やさん1
生きのいい魚はいかが

お店やさん2
アイスクリーム屋さんだよ

お店やさん3
ママの素敵な笑顔

なんと大~きく繋げた新聞紙が登場

大きな新聞1

それを見た時のみんなのキラキラと
輝いた顔がとってもステキ

大きな新聞2

大きな新聞3

思いっきりジャンプしてビリビリしたり
海の中のように泳いだり。ダイナミックに
新聞遊びを楽しんだ1日となりました
こねこちゃんの家族が見つかって
みんなも安心

家族集合
良かったね

お腹が空いたこねこちゃん達に
ごはんをあげました

ネコおなかいっぱい

たった1枚の新聞紙から想像する力で
「あそび」はどこまでも広がっていきます。
作った喜びや認めてもらった時の
嬉しい気持ち。みんながイキイキと
遊びあう姿をみながら
改めて表現あそびの大切さを
感じられる時間となりました
最後は子どもたちのおやつタイムの間に
大森さんによる大人のミニトーク会
劇団「風の子」の取り組みや「あそび」を
通して自分で考え育っていく力が
生まれることなど、これからの子育てに
活かしていきたいお話を聞くことが
できました。

ミニトーク

新聞で作った品物を大切に
持ち帰った子どもたちも多くいましたよ
おうちでもたくさん遊でくれたら嬉しいです
次回はいよいよはぴはぴクラブ最後の会
「はぴはぴクラブDEデイキャンプ」です

柴田愛子氏講演会「お母さん、それは悩むことではありません」報告

2018/02/11 Sun

2月3日(土)10:30~12:30 谷津公民館 2階講義室にて
 ※本事業は「平成29年度地域づくり活動団体支援事業」として開催いたしました。


幼児の保育に携わりながら、講演会や著書、Eテレ「すくすく子育て」などで
子育て中のお母さんやお父さんに
「子どもに寄り添うことの大切さ」「子育ての楽しさ」を伝えておられる
柴田愛子先生を習志野にお迎えし、講演会を開催しました。
CIMG4778_convert_20180211164923.jpg
CIMG4772_convert_20180211164713.jpg

会場ではならしの子ども劇場の活動の紹介もさせていただきました。
 CIMG4775_convert_20180211165026.jpg
CIMG4776_convert_20180211165133.jpg


「なるほど!」そんなお話がいっぱいでした。
柴田先生のお話は、とても明るくてユーモアたっぷり。
聴いているだけで元気が出てきます。
そして楽しく笑っているうちに「目からうろこ!」「そうだったのか!」という
気づきが沢山ありました。

CIMG4786_convert_20180211165226.jpg

「若いころ、勤めていた幼稚園で雨が降ったら外に出てはいけません、っていうルールがあったの。
なぜですか?って他の先生に聞いたら、風邪をひくからですって言うんだけど、
私は、なんで?って思ったの。
だって、雨の日にしか出来ないあそびってあるでしょう?
鉄棒の上にたまった雨粒を指でつーっと落としていくのなんか、
たまらなく楽しいのよね」
最初は、「え?雨の日は外に出ないの当たり前よね」
と思ったお母さんが大半だったと思います。
けれど、お母さんたちの表情が、
そうか、なるほど、うんうん、という様子に変わって行きました。

CIMG4792_convert_20180211170343.jpg

「大人ってね、子どもにね、つい話して理解させようとするのよね。
そういう場合、たいてい話が長くなるの。そうでしょ?」。
どのお母さんたちも思い当たる節があり、思わず「あ~、そうかも」とため息。
「ところが話しても話してもどうも手ごたえがない。聴いてるの?って思っちゃう。
その時お母さんって『ねえ、わかった?』って聞くのよね」。
会場のお母さんたちは「うんうん」「おっしゃるとおり…」とうなずきます。
「そんなのわかるわけないわよね。わかったってうなずいたとしたら
『わかった』って言っとかないと余計に怒られるな、って思って言ってるんだと思うの」
みんなわが子のそんな顔、見たことがあります!もう、参加者みんなで大笑いになりました。

CIMG4793_convert_20180211165528.jpg

心が軽くなりました
親として日ごろ良かれと思って子どもに言っている言葉が、
実は子どもをコントロールしようとしていたり、
心を見ようとしていなかったりすることがあるのですね。
でも、柴田先生は、そんなお母さんたちを叱ったり指導したりしません。
「子育ては自分に合うやり方でいいのよ」
「子どもと一緒に面白がって」
と、優しい言葉をかけてくださいました。

幼児の子育てを中心にしたお話でしたが、
一貫して話されていた「子どもの育つ力を信じる」という視点は、
どの世代の親にもとても勉強になるものでした。
これから、折に触れ思い出したい言葉がたくさん詰まった講演会でした。


最後はみんなで豆まきをしました!
ちょうどこの日は節分でした。子育てのもやもやとイライラをみんなで追い払おう!ということで、
講演会終了後、柴田先生も一緒に参加者全員で豆まきを行いました。
小学生ママが扮した赤鬼青鬼が登場。みんなで「鬼は外!」と思い切り豆を投げました。

IMG_1287[211]_convert_20180211170553

豆まき中の写真は、みんなで夢中で鬼退治をしていたので誰も撮っておらずありません。残念!
皆さんお疲れ様でした。


アンケートから
「つらいと思っていた子育て。大人の思うようにしたいからだったのだ!!と気づきました。笑いありうなずきありで、とても充実した2時間でした(30代)」
「笑いました。泣きました。心が柔らかくなりました。沢山のヒントをいただき心が軽くなりました(30代)」
「~でなければいけない、という子育てに縛られていた気がします。子どもが小さい頃に聞きたかった!と思いました。今日からもう少し楽に子どもと向かい合えそうです(40代)」
「先生のお話は孫の様子と重なり、納得のいくことがばかりでした。子どもの声、姿をよく見たいと思います。ありがとうございました(60代)」
他にも多数お寄せいただきました。
講演後、柴田先生もひとつひとつ丁寧に読んでくださいました。

ご来場くださった皆さん、有難うございました。
子育て、悩むこともありますが肩の力を抜いて楽しんでいきましょう。
柴田先生、習志野のお母さんたちへ
あたたかいメッセージを沢山有難うございました。

ちっちゃいちゃん親子の会「柴田先生の講演会に向けて」報告

2018/01/31 Wed

1月24日(水) 事務所にて

2月3日に開催される柴田愛子先生をお迎えしての講演会「お母さん それは悩むことではありません」に向け、
ちっちゃいちゃん親子の会のメンバーで準備を行いました。

まずはみんなでイメージの共有をしました。
講演会に集まるお母さんたち、きっとみんな育児、家事、仕事に日々頑張っています。
だから、講演会とはいえ会場はやわらかい雰囲気にしようと考えました。
柴田先生といえば…
小さなようちえん「りんごの木」を運営されているので「りんご」。
そしてなんといっても「親子」。
お花も飾りたいな。
でもどうやって?
そこであるお母さんが「切り紙でやってみてはどうかな?」と提案、
みんなからは「いいね」「きっと可愛く仕上がる!」との声があがり、
方向性が決まりました。
ブログ用 みんなで作業
小さい子たちは、ママたちが手を動かしている間、先輩ママと遊んで過ごしました。
この間までつかまり立ちが精いっぱいだった女の子。
事務所の中を自在に歩きまわり、扉を開けたり閉めたり。
「バイバイ」までできるようになっていました。
昨年生まれた男の子も、首が座ってりりしい顔立ちに。
どちらも終始ごきげんで遊んでいました。
かわいいお目目で見つめられ、先輩ママたちの顔もほころびます。 

「今日は用があって顔を出すくらいしかいられないんです」というお母さん。
そこでお家で看板を作ってきてくれました。完成したものを持って到着。
ブログ用 看板

素敵な作品が加わって、一気に準備が進みます。
得意な人が得意なことをどんどん進めます。
レイアウトを考えたり、折り紙の色を選んだり、切ったり、貼ったり。
作業しながらも、おしゃべりは止まりません。
ブログ用作業2

そうこうしているうちに、あっという間にお姉ちゃんたちのお迎えの時間。
帰る人、残って作業を行う人など作業を分担しました。
あとは少し仕上げをして完了、というところまで作業が進みました。

作業を通して、講演会が間近なことを実感し、期待が膨らむ時間でした。
柴田先生にお目にかかれるのは、もうすぐです!
ブログ用 題字

柴田愛子氏講演会
「お母さん、それは悩むことではありません」
日時…2月3日(土)10:30~12:30
場所…谷津公民館 2階講義室
定員…60名
参加費…1,200円
参加申し込みはNPO法人ならしの子ども劇場まで(電話047‐451-3676)
※保育受付は定員に達しましたので締め切りました。


ディズニーサークル「ともだちや 看板&プレゼント作り」

2018/01/29 Mon

ディズニーサークル
「ともだちや
   看板&プレゼント作り」
1月21日(日)13:30~15:30
ならしの子ども劇場事務所
参加者 会員子ども5人 大人5人



2月に行われる鑑賞例会
「ともだちや ‐あいつもともだち‐」の
看板作りとプレゼント作りを
行いました。

あらかじめお母さん達が考えておいて
くれたアイデアを基に、
それぞれ製作に取り掛かりました。

お話に登場する
オオカミやキツネのイラストに
塗り絵をする子ども達。

看板ブログその1


看板の文字を立体的に見せるために、
ダンボールを切り抜く
高校生と小学生の合同チーム。

看板ブログその2


動物の足跡のスタンプをペタペタ押す
小学生チーム。

看板ブログその3

他にも看板の絵を立体的に
見せるための工作をしてくれた
お母さんと子どもたち。

看板ブログその4


サイズが大きいので作るのが大変かな
と思いましたが、みんなで協力して
素敵な看板が出来ました。

看板ブログその5


劇団さんに渡すプレゼントは
「ともだちや」のポスターに描かれている
ヘビさんの模様からヒントを得た
万年カレンダーにしました。

看板ブログその6

白と黒のフェルトに数字を書き、
交互に並べて市松模様にした
オシャレなカレンダーです。


看板とプレゼントはぜひ当日、
会場で見て下さいね!


クリスマス会から今回の看板作りと、
続けて集まる機会があった
ディズニーサークル。

普段はなかなか会う機会のない子ども達も、
和気あいあいと楽しそうに
看板作りをしている姿を見て、
みんなで集まるっていいなぁと
改めて思いました。

看板ブログその7



『劇団うりんこ』による鑑賞例会
「ともだちや -あいつもともだち-」は、
2月25日(日) 習志野市民会館
開場 17:30 開演 18:00 終演19:05

チケット発売中です!
みなさん、観に来てくださいね!!
プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。