親子体験広場はぴはぴクラブ9月 「助産師によるママのための講座 いのちの話 からだの話」

2018/09/24 Mon

2018年9月9日(日) 10:15~12:00
谷津公民館 参加者5人 子ども(保育)8人

いつもは親子で遊ぶはぴはぴクラブですが、
この日は、子どもたちは保育スタッフと遊び、
ママだけが講座に参加しました。

講師は助産師鶴岡利江子さん。
鶴岡さんが小中学校やPTAで行う「いのちの話」は
ためになるだけでなく、聴いた誰もが元気になれると定評があります。
学校やPTAでは何十人という規模で聴きますが、
はぴはぴクラブでは少人数での贅沢な時間になります。
1ブログ用

鶴岡さんの「いのちの話」は、いつも黒い紙に開けられた
小さな穴を覗くことから始まります。
ブログ用 黒い紙かざし中

この透かしてやっと見える穴がいのちの始まりなんですね。
毎日一緒だとつい忘れがちなわが子の成長を
しみじみ感じます。

そして、自分の出産を振り返る時間。
生まれると時、赤ちゃんはこんな風に回転して骨盤を通るんですね。
2ブログ用 出産

「赤ちゃんが頑張ったね。すごいね。ママも頑張ったね。
そしてお産には色々な形があります。普通分娩も帝王切開も、みんな尊いね
大切に大切にお腹の中で赤ちゃんを育んで、出産したんだもの」と鶴岡さん。
新生児のお人形を抱いてみると、その大きさと重さに
わが子が生まれたばかりの頃のことが蘇ります。
3ブログ用 お人形&笑顔

ママたちは、改めていのちの尊さを再確認。
そして、子どもが自分の体に興味を持った時に、寄り添って話すことが性教育の入り口だということ。
それは、自分の体、他人の体を大切に、命を大切にという教えに繋がっていくということ。
また、家族のために知っておくと、お互いの理解の手がかりにもなるホルモンの話など
パワーポイントで写真や図を織り交ぜてのお話は
多岐にわたりました。
ママたちは一生懸命耳を傾けていました。
そして「いつもお母さん、本当に頑張ってるね」の言葉に
心がほっこりあたたかくなります。

最後には、質問や子育てで不安なことを出し合って
一人ひとり心を少~し軽くしました。
まだまだ話し足りない、少し想いが残りながら終了の時間になりました。
5質問コーナー

あっという間の2時間でした。
沢山笑い、うんうんと納得し、
何よりも貴重だったのは、わが子を授かった時の
あの「生まれてきてくれてありがとう」という気持ちを
改めてかみしめたことですよね。
そして鶴岡さんが伝えてくれた大切なキーワード。
「子育てにはお母さん同士が話せるこういった場が本当に大切なの。
私も沢山の子育て仲間といっぱい話して、何とかここまで来た、そんな気持ちなんです」
子育て仲間と喋って笑って一緒に泣いて…そうするとまた元気に子育てに向き合って
子どもに寄り添う心の余裕が生まれるんですね。

終了後、保育のお部屋に子どもたちをお迎えに行くと、
みんな小麦粉粘土やカプラでたっぷり遊んで「楽しかった~」と笑顔でした。
そしてママたちも笑顔でした。

10月のはぴはぴクラブは、また外に出て遊びます。
香澄公園で「秋のもりたんけん&やきいも」です。
親子でいっぱい遊びましょう!









プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR