スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年度鑑賞例会 作品決定会議

2017/10/25 Wed

10月15日(日)14:00~16:00 谷津公民館で
「2018年度鑑賞例会作品決定会議」が開かれました。
作品決定会議はならしの子ども劇場で
来年度にどんな舞台作品を鑑賞するかを決める
大切で楽しい1年に1度の会議です。

ならしの子ども劇場では会員がこの作品を親子で観たい、
習志野の親子に届けたいと自分たちで決めた作品を、
自分たちで運営し、鑑賞例会を創り上げていきます。
それは舞台鑑賞体験が子どもの心を育てるために大切だと
考えているからです。
とはいえ、舞台鑑賞は小難しいことを考えなくても、とっても楽しいので
大人だけでなく、子どもたちも作品決定会議で作品を選ぶことは楽しみなのです。

当日の様子はこちら。

会場には事前に配布された候補作品パンフレットを持った会員が集まります。
みんな、投票する作品はもう決まっているかな?
ブログ会場

会議の成立確認を行った後、会議の趣旨や投票のルールの説明。
候補作品の説明やアピールもあります。
ブログ作品説明こまのおっちゃん

ブログ作品説明銀のロバ

こちらはちびっこコーナー。来年は投票できるかな~。
ブログちびっこコーナー

いよいよ投票。子ども、大人と投票していきます。
どれに入れるかな?どれに決まるかな? ワクワク楽しそう♪
ブログ投票女子

開票です。1,2,3・・・。
みんなの前でカウントしていくとテンションもMax!
決定した瞬間には歓声が上がります。
ブログ開票

こうして2018年度も5つの作品が決定しました。
ブログ模造紙結果

最後は恒例のお楽しみ色紙抽選会。
当選者にはならしの子ども劇場で公演してくださった
劇団さんからの色紙をプレゼント。
色紙はどれも個性的で素敵なものばかり。
作品を観たときの記憶がよみがえります。
ブログ色紙当選者
当選したみなさん、おめでとうございます!


今年の作品決定会議では舞台鑑賞を5回にするか4回にするかを
決定する投票もありました。
会員の選択は5回。それは損得ではなく、舞台鑑賞の機会を一つでも多く持ち、
習志野の親子に体験する場を創りたいという思いから選ばれたものでした。
舞台鑑賞には共感したり、感動したり、子どもの育ちにとって大切な
心が動く体験ができる力があります。
その大切さを会員は体感し、沢山の人に伝えたいと考えています。
2018年度の作品が決定した時から、その作品に向けてどう楽しむかスタートしています。
会員はもちろん、いっしょに舞台鑑賞を楽しみたい人はぜひ足をお運びください。
2018年度の鑑賞例会作品は次の通りです。

◆幼児~小3推奨作品 人形劇「みにくいあひるのこ」 くわえ・ぱぺっとステージ 
(2018年7月上旬 市内公民館にて上演予定)
◆小4以上推奨作品 芸能「リトル・ピーシーズ」パントマイム・プラネット
      (2018年9月下旬 市内公民館にて上演予定)
◆全年齢対象作品 芸能「こまのおっちゃんのこまのサーカス」日本独楽博物館
      (2017年12月上旬 市内会場にて上演予定)
◆幼児~小3推奨作品 人形劇「肩掛け人形芝居 ねずみのすもう」人形芝居燕屋
      (2017年12月上旬 市内公民館にて上演予定)
◆小4以上推奨作品 音楽「オペラ 銀のロバ」オペラシアターこんにゃく座
       (2018年4月下旬 船橋市きららホールにて上演予定)
   *上演時期、会場は変更になる場合があります。

ちなみに直近の鑑賞例会は
人形劇団京芸による 
人形劇「おもしろげきじょう いぬうえくんとくまざわくん」
12月10日(日) 新習志野公民館 多目的室
開場13:45 開演14:00 終演14:50
幼児から小学低学年にお勧めの人形劇です。
3つのお話のオムニバス形式の作品でテイストの違う人形劇が楽しめます♪
ぜひお越しください。

プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。