チカパンがやってきた!

2016/11/19 Sat

11月18日(金)、事務所にチカパンさんが来てくださいました。

2月19日(日)に新習志野公民館で行う鑑賞例会「チカパンのいっしょにパントTIME!」の
事務局&スタッフサークルとの打ち合わせです。
今回のスタッフサークルは
大久保東ブロック「あそびサークル」と谷津南ブロック「ぶーぱっぱサークル」です。

チカパンさんは女性のパントマイミスト。
表情がくるくる変わって、軽やかで、楽しい方!
ひとつひとつ言葉を選んで、とても丁寧に話をしてくださいました。
ブログ4
ブログ5

やわらかい言葉と優しい声に、なんだかこちらもリラックス。
気軽に質問などもして、時々話が脱線しながらも、作品のこと、パントマイムのこと…。
たくさんお話をお聴きしました。

「チカパンのいっしょにパントTIME!」という作品は
はじめてパントマイムにに触れる人に向けて作った作品。
子どもから大人まで、安心して想像していっぱい笑ってもらえる作品なのだそうです。
チカパンさん曰く
「小さい人たちだけでなく、お母さんをいっぱい笑わせたい。
親子で幸せな時間を過ごしてほしいと思って演じています。
帰り道にひとつパントマイムができるようになっている、そんな作品です」

「今日はこんな風ですが(十分可愛いです!)、当日はちょっとオーラがありますよ。
 楽しんでもらえると嬉しいですね」
当日はこんな感じかな?
ブログ用1
(パントマイムプラネット HPより)

楽しいお話をいっぱい事務所に置いていってくれたチカパンさん。
「子ども」と言わず「小さい人」という言葉を使っておられました。
子どもも、きちんとひとりの「人」としてとらえる思いがこちらに伝わりました。
そのあとスタッフサークルのメンバーで
事前活動でどんなことに取り組めば、みんなでより楽しめるかな
チカパンさんへのプレゼントは何を作る?などなどみんなで相談をしました。
早速いろいろなアイデアが出ましたよ。
これからの展開、皆さんお楽しみに。

説明やセットが最小限な分、
観た人がその人なりに想像し、だからワクワクしドキドキするパントマイム。
小さな人は経験が少ないから想像は難しいのでは?などの心配はしなくて大丈夫。
小さい人の心に寄り添った作品です。
もしかしたら「何?それ?」っていう体験も必要かもしれませんね。
最後にはみんなの心にハートが残ります。
ブログ用3
(パントマイムプラネット HPより)

チカパンさん、2月に会えるのを楽しみにしています!
プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR