「ま・く・は・ま ~みんなで造ろう!砂の造形~」

2016/11/19 Sat

10月22日(土)10時~12時 幕張の浜 参加者数41人

快晴とはいきませんでしたが、雨の心配はなし
のぼり 看板
さあ、ま・く・は・ま 始めます!

まずは、係りの子どもたちが段ボール製の聖火を持って登場
遊ぶ上での注意事項などをみんなに伝えました。
そして全員で体操をした後、住んでいる地区ごとに3班に分かれ
いよいよ砂の造形がスタートしました。

最初はみんな遠慮気味で「何つくる?「どうしようか…」と
悩んでいましたが、
いざテーマが決まると
小さなお砂場道具のバケツやスコップから大きなシャベルまで、
それぞれ道具を手に手に子どもも大人も一生懸命。
創作はどんどん進んでいきました

作るスタイルは様々。
海から汲んできた水をかけ、固めながら進めたり
船 創作中

貝殻で装飾したり
貝 装飾

青年や大人も頑張りました!
大人活躍中

打ち上げられた木切れで建物を作るグループもあり
富士山&富士吉田青年の家
それぞれ、工夫のある楽しい作品が無事完成しました。

谷津、谷津南地区班で作った「船」
座席もあって、座れます。
カメ


大久保、屋敷地区班で作った「亀」
黒い瞳が魅力的でした。
カメ


津田沼地区班で作った「富士山」
ふもとに、温泉、富士吉田青年の家も作りました。
富士山



エンディングでは、各班の作品発表、
おたのしみ抽選会(2名に鑑賞例会「小さい”つ”が消えた日」のチケットプレゼント)が行われ、
抽選会
中学生の閉会宣言で企画が終了となりました。

その後、砂浜を元に戻すためみんなで造形を壊しましたが、これには子どもたちも大はしゃぎ。
壊すのも面白い~!
壊し中

創作物の完成度を競う「競技」としてではなく
子どもたちの「やりたい気持ち」を大切にした今回の企画。
砂浜には終始ゆったりとした空気が流れていました。
企画が終わっても、砂浜を駆け回って遊ぶ小学生。
お砂場セットでず~っとおままごとをしていた幼児ちゃんたち。
大人も、子どもたちを見守りながら
おしゃべりに花がさきました。

子どもと子ども、子どもと大人、そして大人と大人…
富士山 貝の装飾

色々な交流が生まれた時間でした。
「え?ご近所ですね」「子どもたち、同じクラスだったんだ!」
なんていう出会いもありました

家族のお出かけとはまた違った楽しさがありました。
来年もやりたいですね。
是非、この砂浜でまた集まりましょう
集合写真


 当初「ま・く・は・ま ~みんなで創ろう!砂の造形~」は
 9月に開催を予定していましたが、雨の予報だったことから
 中止となりました。
 しかし「やっぱりやりたい」という声が多く、
 急遽、会員と9月に申し込んでくださっていた方にお知らせして
 開催しました。
プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR