スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷津南地区「いも名月めぐり」

2016/10/19 Wed

10月17日(月) 18時~20時
谷津南小学校 ~ 谷津パークタウン1番街にて
参加人数 子ども113名

今年で20回目となる谷津南地区恒例のお月見イベント「いも名月めぐり」。
子どもたちが2~4人でグループになり、谷津パークタウンのなかにある
「お供え宅」を訪ね、お供えをいただいて回るものです。

回れるお供え宅は1グループ3軒。100名を超す参加者にお供えを用意して
くださるお供え宅は20軒。1軒が約20個ずつのお供え
――ふかし芋だったり、クッキーだったり――を準備してくださっています。
BLGphoto1_20161019.jpg

低学年のグループが小学校をスタートする18時には、あたりは真っ暗。
暗いなかでのイベントなので、谷津パークタウン1番街内には「おたすけまん」
という見守り役の大人が立っています。
車が通る道、暗い場所など、要所要所に15人。時間が長いため、
前半後半で交替して、合計30人のおたすけまんが子どもたちの安全を守ります。

今年もいつものように、集合時間を待ちきれず早めに集まってくる子どもたち。
朝からの雨はやみました。雨天決行ですが、やっぱり傘はないほうが安心。
空はまだ雲が厚くて月はのぞめそうにないけど、子どもたちは月より団子!
 早くお菓子をもらいたいと、列をつくり、開始時刻をまだかまだかと待っています。

ようやく18時、受付開始。受付での説明もたくさんあるので、大勢が早く進めるように、
受付は4台もあります。受付係をしてくれるのは、いも名月卒業生の中学生や高校生。
ルールは自分たちのころと同じなので、みんな堂々と説明をして、子どもたちをスタートさせてくれました。

お供え宅のドアの前に着いた子どもたち、呼び鈴を押すと、合い言葉を言います。
その合い言葉で、何人のグループかがお供え宅の人にわかるようになっています。
お供えが足りていると「はい、どうぞ!」とドアが開き、
足りないと「いま月は、雲に隠れてしまいました。残念ですが、さようなら」と言われてしまいます。
みんなドキドキワクワクしながらドアが開くのを願うのです。

お供えはお宅によって本当にさまざま。その場でミニゲームをしてくださるお宅もあります。
いただきものをして満足した子どもたちは、スタンプカードにスタンプをもらい、
お礼を言って外に出ると、つぎはどこへ行こうかの相談を始めます。
BLGphoto2_2_20161019.jpg

3軒回ると小学校に戻ってゴールスタンプをもらい、終了です。
「もらったお菓子はどこで食べるの?」「おうちで食べてね」「えー」子どもたちはまだまだ遊びたそう。
「楽しかった!」「もっと回りたい」「来年も来る!」と言い合いながら、家へ帰っていきました。

全員がゴールしてイベント終了するころ、雲にかすんだお月様があらわれました。
子どもたち、気づいたかな? 見あげながら帰ってくれるといいなあ。
BLGphoto3_20161019.jpg

子どもたちと、地域の大人たちが、触れ合い、あたたかい言葉をかわし、
好意を受け取る、本当に素敵なイベントです。
大勢の協力がないとできないことなので、いつまでできるだろうかと思いつつ、
だからこそ、長く続いて、いつの子どもたちにも経験してほしいと願います。
プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。