人形劇「カボとピノ」

2016/07/11 Mon

7月9日(土)、新習志野公民館にて
人形劇団ココンさんによる人形劇「カボとピノ」の公演が行われました。

公演の様子
「今日の人形劇は、『カボとピノ』っていうお話なんですけど…」
と、役者さんのご挨拶が始まったと思ったら…
「あれ?、なんか音がするよね?え?どこ?」
…いつの間にか「はらぺこブー」のお話しが始まっていました。
子どもたち、たちまち舞台に夢中。みんな真剣そのもの。
ブーと役者さんのなんだかおかしな掛け合いに
「え~」「ちがうちがう~」
客席の子どもたちから舞台へ自然とツッコミの声があがります。
面白すぎる展開に「うぎゃー」とずっこけている子もいました。

そしてお待ちかね「カボとピノ」の登場
優しいお兄ちゃんのカボと、ちょっとわがままだけでどお兄ちゃんのことが大好きなピノ。
いつもピノがお兄ちゃんの真似をしたがるところから、小さなハプニングが起こります。
でもハプニングも2人ならやっぱり楽しくて
ピノがわがままを言うと、子どもたちからは「あ~ぁ」「えぇ~」と声があがります。
その先は「いけないんだあ」「カボが困ってるよ」って言いたかったのかな
でもでも、みんな心当たりがあるんだよね。
誰かがしている遊びって真似したくなる。誰かが持っているおもちゃって、ちょっと貸して欲しくなる…。
ちょっと自慢したり、頑張ってみたくなる
お父さんお母さんたちも
「あ~うちの子みたい」「なんだか自分の子どものころを思い出す」なんていう気持ちになるうちに
大笑いして、ドキドキして、ほっとして、
1時間の上演時間はあっという間に終わりました


終演後、カボとピノが出口でみんなを見送ってくれました。
送り出し

人形劇団ココンの山田俊彦さんは奈良、一緒に演じてくださった坂東亜矢子(JIJO)さんは京都に本拠地を置く役者さんです。
ワゴン車にお人形や道具を満載して高速をひた走り、前日に千葉まで来てくださいました。
この日は朝から作業し、公民館の一室に素敵な舞台をくみ上げ、子どもたちを迎えてくださいました。
会場設営

そして終演後、次の日の公演のため、立川に向けてまた出発していかれました
搬出



客席にて

以前にも人形劇を親子で観に来てくれた男の子。
あの時はなんだか気持ちが落ち着かず立ったり座ったり泣き出したりしてしまったのだけど
お芝居を観るのに少し慣れてきたかな。そしてちょっとお兄ちゃんになっていました。
隣に座っていた子がトイレに立ったのですが、
「あの子の席なくならないように、僕がとっておくよ」と言ってくれました。
舞台が始まると、知らないその子と隣同士、一番前で最後まで夢中で観ていました。

開園前のご挨拶。上演中のお願いを子どもたちが皆さんに伝えます。
「食べたり飲んだりしないでください」
「携帯電話の電源は…」などセリフがあるのですが、
初挑戦の年長さんの女の子。みんなの前には立てたけれど恥ずかしくてもじもじしていました。
先にセリフを言い終えた小学生の女の子が、寄り添うようにしてその子のセリフも言ってくれました。
彼女自身が幼稚園さんの時、引っ込み思案で会場に入ることさえ出来なかったなんて嘘のようです
挨拶

小学1年生の男子3人組。仲が良くて一緒にいるだけで楽しくてテンション高めです。
開園前からカーペット席で笑い転げて、ちょっと席を移動してみたり、また戻ってみたりと元気いっぱい。
でも、舞台が始まるとたちまち集中してたくさん笑っていました。終演後3人で競うようにアンケートを書いてくれていました。

最初、ちょっと不安そうだったのだけど、1人で頑張って椅子席のママから離れてカーペット席に座った女の子。
でも会場はちょっと暗めだし、お話しの途中でドキドキするたびママの方を振り返っていました。
ある時、とことことママのところに戻ってしまいました。でもママにギュッとされたら安心したのかな、
前の自分の席へ戻って、夢中でお芝居を観ていました。

ママと一緒に来たお姉ちゃんと弟。来た時から弟君は目に涙が…。
ママに聞いたところ、どっちが先に車に乗るかで揉めたそうです。
ママ、出てくるだけでも大変でしたね。よく頑張って会場までたどりついてくださいました!
なんだかカボとピノみたい(笑)。帰りは親子で笑顔だったから良かった

子どもと大人が一緒に作った看板
看板

大人が頑張って作った劇団さんへのプレゼント(アクリルフエルトのエコたわし)
プレゼント

どちらも好評でした。


プロの生の舞台を観ることは、物語を楽しむ、想像力を育てるというだけではなく
人との関わりがあり、子どもたちに様々なエピソードをもたらします。
まだ、観たことがないという方、ぜひ、一度体験してください。
今回楽しんだ方、またぜひ来てくださいね。

さあ!次はどんな物語が来るのかな~。どんな出来事が起こるかな~?
楽しみですね

プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR