ミュージカル「すてきな三にんぐみ」報告

2015/07/08 Wed

6月28日(日)新習志野公民館にて、
演劇企画オフィスアートプランによるミュージカル
「すてきな三にんぐみ」を観ました。

公民館1階のホールには、
ダンボサークル作成の看板が飾られました。
看板を見ているだけでワクワクしてきます
「すて三」看板

会場の入り口には
事前活動の写真や
新入会紹介(4人も入会がありました
次の鑑賞例会お知らせ
などを貼りました。
「すて三」掲示物
 
ダンボサークル作成 劇団さんへのプレゼント
子どもたちが三にんぐみの絵を描いた「タペストリー」
「すて三」プレゼント

総会の発表の時に、くすくすサークルが人形劇で使った
三にんぐみの人形です。
会員のお父さんが作った素敵な宝箱に入れて飾りました。
「すて三」人形

スナフキン・ダンボサークル合作のお昼です。
劇団さんは「おいしかった~」と喜んでくださいました
「すて三」昼食1

「すて三」昼食2

開場前から公民館の廊下には長い列が!
とても楽しみに待っていてくれたことが伝わってきます。
準備も万端整い、いよいよ開場。
満員の会場でいよいよ開演です
「すて三」会場

ダンボサークルによるあいさつ
「小さいお子さんが泣いてもそれは心が動いたから。
安心して見守って」
と劇団さんからの要望で伝えました。
「すて三」あいさつ

舞台が始まると俳優3人組のコミカルな動きに大笑いしたり
ちょっぴり悲しい場面ではシーンとなったり・・・
子どもたちは、物語に入り込み、だんだん前のめりに。
そんな子どもたちの様子を安心して見守りつつ、
自分も舞台を楽しんでいる大人たち。

時々後ろのお母さんの姿を確認し、また舞台に集中する子、
途中で泣いて戻ってきた子を優しく受け止めるお母さんの姿… 
そんな光景が随所に見られ、まさに子ども劇場の例会ならではの
あたたかい空間でした

「夢は未来への希望。夢を持ち生きよう」
「人は誰でも出会いを通して変わることができる」
「思いは繋がっていく」
「お金では買えないものもある」
など、たくさんのメッセージが詰まった作品でした

終演後のダンボサークルによるお礼のプレゼント
「すて三」プレゼント渡し1

「すて三」プレゼント渡し2

出演していた“三にんぐみ”よるお見送り
「たのしかった~
「また会おうね
「すて三」送り出し1

「すて三」お送り出し2

とってもステキな舞台だったね
またお会いできる日を楽しみにしています

「すて三」劇団さんと




プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR