鑑賞例会「肩掛け人形芝居ねずみのすもう」報告

2019/02/25 Mon

2月24日(日) 新習志野公民館にて
人形芝居燕屋による、肩掛け人形芝居「ねずみのすもう」を開催しました。

1階ロビーには、谷津南ブロックエンデパッパサークル作製の
看板がお出迎え。
子どもたちが折り紙で折ったたくさんのねずみが貼ってあります。
とっても賑やかです
ねずみ_看板

2階受付には、サークルでの事前活動の様子を掲示しました。
ブログ事前紹介

そのお隣には、今回、入会してねずみのすもうとを観に来てくれた
4組9人のご紹介コーナーも。
たくさんの入会、うれしいです

会場には、事前活動「やせねずみを勝たせよう!」。
みんなが考えたたくさんのやせねずみを勝たせる方法を掲示しました。
開演前に燕さんがこれを見て、「この方法使えるかも!」、だって。
ねずみ_事前掲示

開場前のロビーは、スタンプカードにスタンプを押す親子、
入会手続きをする親子などでいっぱい。
みんなこの日を楽しみに待っていて早く来たのでしょう。
ワクワクした表情でやってきました

そして14時。いよいよ開演です。

上演前のあいさつ。
今日の挨拶担当は鷺沼ブロック ディズニーサークルです。
ねずみ_あいさつ

開演しカンクローが登場すると、
燕さんとカンクローとの楽しいやり取りに、子どもも大人も引き込まれていきます

まるで生きているようなカンクローの自然な動きにビックリ
(人形とは思っていない子もたくさんいました!)

可愛くて面白いカンクローとさよならする時は、
会場がシーンとちょっぴり寂しい感じに包まれました。

カンクローとサヨナラしたあと、
燕さんは次の「ねずみのすもう」の準備のためしばし退場。

その間、手あそびをして待ちます。
「ねずみのすもう」にちなんで、餅つきの手あそびです。
ねずみ_てあそび

だんだん早くなります。
ねずみ_てあそび会場

みんなで餅つきを楽しみました

そして、いよいよ肩掛け人形芝居「ねずみのすもう」のはじまりはじまり~。

肩掛け人形芝居のスタイルに衣装替えした燕さんが登場し拍子木を鳴らすと、
会場は一気にお話を聴く雰囲気に変わるから不思議。

燕さんの肩から吊り下げられた舞台の上をねずみたちが駆け回ります。
その動き一つひとつが面白くて、会場じゅうが笑い声で溢れ、
子どもたちは、楽しすぎてどんどん前の方に・・・

みんなが知っているお話とはちょっと違ったけれど、
最初から最後まで本当に面白かった

楽しすぎてあっという間の時間でした。

公演後、燕さんへプレゼントをお渡ししました。
ねずみ_プレゼント

プレゼントは、ネームタグです。
鷺沼ブロック ディズニーサークルで作りました。
カバンに付けてくれたらうれしいです

燕さんは闘病中の子どもたちにパフォーマンスを届ける「ゆいの会」の活動をされていて、
活動への寄付のため、絵はがき販売のお手伝いをさせていただきました。

燕さんから、購入者へお礼のサインをしてくださいました。
一人ひとり丁寧にお話しながらサインをしてくださいました。
ねずみ_サイン

たくさんの方がサインの列に並んで待っていました。
この舞台が楽しかったんですね。

片付けが終わって燕さんとお別れ前に…
ねずみ_見送り


燕さん、本当に楽しい時間をありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしています




プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR