おせっ会(大人と青年の会)企画 「流そう、濡れそう」

2018/08/02 Thu

7/22(日)10:00~13:00 
おせっ会企画 「流そう、濡れそう」をやりました。

大人と青年が協力して企画した流しそうめん、今年で3回目です。
認知度も上がったのか、今回はスタッフも合わせて48名が参加してくれました

受付を終えてみんなが集まったところで、まずは青年が考えた「そうめんクイズ」。
オープニング青年

オープニング2

例えば、「お坊さんがそうめんを食べるときは、どんな風に食べる?」
大人も子どもも真剣に考えて、答えを聞いて「そうか~」

ちなみに答えは・・・、最後にご紹介します。

次は1月から12月まで誕生日順で並びます。
並んだところで、誕生日と名前を言ってご挨拶。
なんと、同じ誕生日の人もいました。

みんなの顔合わせが済んだところで、竹を割る作業へ。
竹は事前に青年と大人で千葉市の竹林からとってきたものです。
鉈を使って、交代しながら割っていきます。

割れたら、トンカチで節を抜いていきます。
初参加の小学生もトンカチを上手に使って節を抜きました。
竹きり

節が抜けたら、紙やすりで竹の内側を滑らかにしていきます。
やすり

それから竹を組み合わせていきます。
脚立の高さが足りなくて、ペットボトルを使って竹を支えたり、
そうめんが竹からはみ出さないで流れて行くように工夫します。
3回目ですが、やるたびに組み合わせ方が変わって、
今回は緩くカーブをつけた形になりました。
そうめん台作り

いよいよ、そうめんを流します!
みんな竹の両側に並んでお箸を構えて準備OK!
そうめんが流れるたびに歓声があがります。
流しそうめん

そうめんの後は、それぞれが持ち寄ったものを流しました。
ミニトマト、きゅうり、カニカマ、ハム、白玉団子、ゼリー、などなど。
次は何が流れてくるのか?
竹のそばから離れられません。

持ち寄ったものを全部流し終わったら、後片付けです。

その間、子どもたちはビニールプールに水をためて、水風船のお楽しみ。
あそび

ほっこりタイム


大人が日陰で一休みしている間に、子ども達と青年は水遊び。
いつのまにか、バケツで水をかけられている青年も・・・。

夏の一日、みんなで竹を割るところから始めた流しそうめん。
楽しい思い出が出来ました

クイズの答えです。「お坊さんがそうめんを食べるときは、どんな風に食べる?」
答えは「”つるつる”食べる」です。
プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR