小林陽一 ジャズ講座

2017/09/25 Mon

9月1日(金) 18:30~20:00 谷津公民館 講義室
ジャズドラマー、モンキー小林こと小林陽一さんをお迎えし、
10月1日(日)の「小林陽一キッズジャズコンサート」に先駆け、
ジャズ講座を開催しました。
会場に集まったのは小学生、中高生、そして大人と総勢30名。お父さんの参加もありました。

「音楽のビートを体験しよう」と始まった講座。
小林さんはまず「一言でジャズといっても色々なジャンル、ビートがあるんですよ」と説明。
CIMG4147_convert_20170925070706.jpg

様々なジャンル、それらがどうやって親しまれていったか、説明を聴いた後に
それぞれのビートをみんなで手で叩いてみました。
音楽に合わせて、そして小林さんのドラムに合わせて♪
語り口は優しくて、物静かな方ですが、
やっぱりドラムの演奏になると雰囲気が変わり、みんなひきつけられました。
最初は遠慮がちに手を叩いていた参加者も、
みんなで音楽に合わせるうちに小林ワールドにひきこまれていきました。

みんながジャズについて理解を深めたところで、小林さんへの質問タイム。
あらかじめ会員から寄せられた質問に加え、その場でも次々と質問が出ました。
「私は左利きなんですが、ドラムも左利き用ってあるんですか?」
「カラオケではどんな曲を歌いますか?」などといった質問まで。
時にはジョークを交えた回答に、会場で笑いが起こるなどあたたかい時間になりました。

そしていよいよドラム体験!
「希望する人はどうぞ」の声に、最初はみんな遠慮がち。
でも一人チャレンジする子が出ると次々と子どもたちが並び始め、
大人も「やってみたい!」とチャレンジする人が続出。
CIMG4170_convert_20170925070807.jpg

CDに合わせ、小林さんのアドバイスを受けて…、
子どもだけでなく大人も真剣でそれでいて楽しそうでした。
CIMG4180_convert_20170925070921.jpg


「今日は有難うございました。では、10月1日に会いましょう!」としめくくった小林さん。
その後も参加者と談笑し握手をするなど、とてもやさしい方でした。
実は、みんなが帰った後、小林さんはドラムの運び出しなど
率先して手伝ってくださいました。
ドラムを貸してくださった方に
「大切な楽器、貸してくれてありがとう」と声をかけておられたことが印象的でした。

以前、打合せでならしの子ども劇場の事務所に来てくださった際に
「ジャズって心地よいから、コンサートに来ても子どもによっては寝ちゃう子もいます。
でも良い音のシャワーを浴びることで心の中には何かが残るはず。
それってとっても大切なことだと思うんですよ。
お父さんやお母さんは、
どうか子どもにそういう体験をさせてください」と語ってくださった小林さん。
本当に素敵なジャズ講座、有難うございました。
10月1日(日)の演奏、楽しみです♪

さあ、今度は小林さん率いるバンドJJM(ジャパンジャズメッセンジャー)を習志野に迎え
親子で楽しめるジャズコンサートを開催します。
「小林陽一キッズジャズコンサート」
日時:10月1日(日)18時から20時(17時45分開場) 自由席
場所:習志野市民会館(京成大久保駅下車徒歩1分)
チケット:前売り子ども券(3歳~18歳)2,300円 大人券3,000円
      当日はそれぞれ500円増し
      ならしの子ども劇場会員は会員チケットにて入場
     電話でお申込みください。 ならしの子ども劇場 047‐451‐3876
プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR