2019年度鑑賞例会 作品決定会議 

2018/11/09 Fri

10月14日(日)14:00~16:00(受付13:45~) 谷津公民館2F講義室
出席者:運営会員22名 子ども7名 (幼児2名) 書面表決53、不在者投票4、委任状2
 
「2019年度鑑賞例会 作品決定会議」を行いました。
作品決定会議はならしの子ども劇場で
来年度にどんな舞台作品を鑑賞するかを決める
大切で楽しい1年に1度の会議です。

ならしの子ども劇場では会員がこの作品を親子で観たい、
習志野の親子に届けたいと自分たちで決めた作品を、
自分たちで運営し、鑑賞例会を創り上げていきます。
それは舞台鑑賞体験が子どもの心を育てるために大切だと
考えているからです。
とはいえ、舞台鑑賞は小難しいことを考えなくても、とっても楽しいので
大人だけでなく、子どもたちも作品決定会議で作品を選ぶことは楽しみなのです。

当日の様子はといえば…


まずは色紙の抽選に投票。
昨年度ならしの子ども劇場の鑑賞例会にきてくださった
劇団のみなさんにお願いして書いてもらった色紙を
抽選でプレゼント!
舞台を見たときの思い出がよみがえります。
ブログ用 ★色紙
劇団さんの力作ぞろい。どれも素敵な色紙ばかりです
ブログ用★色紙投票
 どの色紙にしようかな~

参加者が鑑賞企画委員の作成した
「作品紹介パンフレット」を手に
会場に集まりました。
ブログ用 鑑賞パンフ
鑑賞企画委員が集めた情報がぎっしり詰まったパンフレット

会議の進行や、それぞれの係は鑑賞企画委員が行います。
準備は万端。
いよいよ決定会議が始まります。
今年はどんな作品に決まるでしょう。
ブログ用 開始前 会場の様子4


司会による成立確認や投票の仕組みの説明などを聞いて、
作品決定会議、スタートです!
ブログ★司会愛宕さん

作品の投票の前に、鑑賞企画委員が候補作品について説明をしました。
ふん装あり、手作りボードあり、熱弁あり、パソコンで映像を見せたり、
工夫を凝らした作品説明が行われました。
ブログ用★作品説明 ゴッコマン
        ゴッコマン現る!?

ブログ用★作品説明土田さん
  下見に行った情報もしっかり伝えます!

ブログ用★作品説明 島田さん1
 手作りのパネルを使って、作品の様子を伝えます

ブログ★作品説明 朴さん
しっかりと調べた情報を熱弁!! この熱意に心動かされた人もいたのでは!?


船橋子ども劇場 副理事長の方 からも
船橋の会員からの作品アピールの
紹介がありました。
ブログ用★ 柴田さん


いよいよ投票。どの作品に投票するか、最後まで迷います。
どれに入れようかな.。
ブログ用★大人投票4


開票です。1,2,3・・・、数をカウントしていく間もドキドキ。
決定の瞬間には歓声が上がりました。
ブログ★開票6

決定した作品は次の通りです。

幼児から小3推奨A 舞台劇 「ゴッコマンのだいじなもの」 CAN青芸
幼児から小3推奨B 人形劇 「はれときどきぶた」 人形劇団ひとみ座
小4以上推奨  人形劇 「ショ・ジョ・ジ」 江戸糸あやつり人形
小4以上推奨  芸能 「サーカスの灯」 ラストラーダカンパニー
             *「サーカスの灯」は船橋子ども劇場と合同例会



作品が無事決定した後は、お楽しみの色紙抽選会。
厳正なる抽選の結果、当選した皆さん。おめでとうございます♪
ブログ用★色紙当選者



今年度の作品決定会議は、鑑賞企画委員の個性あふれる作品紹介があったり、
書面表決の1位が当日の投票で逆転するなど、当日参加したから感じられる、
わくわくドキドキの詰まった決定会議でした。
鑑賞企画委員からだけでなく、参加した会員からの質問やアピールもあり、
会場は例年以上に盛り上がりました。会場にいた一人ひとりが当事者となり、
作品決定会議に参加していて、会議が終わった後、
とても楽しそうな顔で会場を後にしているのが印象的でした。
会員みんなが自分たちで選んだ大切な作品、習志野の親子に広め、
みんなで鑑賞例会を支えていきましょう。
そして会員みんなも楽しむことを忘れずに、4つの作品に取り組んでいきましょう。
作品決定会議を企画運営し、作品選びから活動をしてきた、
鑑賞企画委員のみなさんもお疲れ様でした!




鑑賞例会「リトルピーシーズ」報告

2018/10/06 Sat

 鑑賞例会「リトルピーシーズ」報告 
9.29(土)18:30~19:30
菊田公民館にて 
高学年鑑賞例会として「リトルピーシーズ」を行いました。 

台風の影響で雨混じりの天気でしたが
懐かしい会員も会場に駆け付け、
チカパンのパントマイムの世界を楽しみました。
り1

事前活動の「身近な不思議を探してみよう」は
小さなお話一つ一つのピースに見立てた六角形の折紙に、
様々な不思議を集めました。
「どうして色はあるの?」「なぜ人間には欲があるの?」
子どもたちの視点には、なるほどと感じさせられます。
り3

言葉あそび「いつ」「どこで」「だれが」「なにをどうした」
では、いくつものユニークな文章ができました。

プレゼント作り
石粉粘土を型抜きして色を塗り、
素敵なブローチがたくさん。
り4

袖ヶ浦ブロックの小夜食は
秋の風情満載、愛情たっぷりです。
パンを焼き、くりぬいたそのなかにサンドイッチが
見て楽しく季節感あり気持ちの伝わる力作。
とっても楽しんで作ってくれました。
り5

初めての列整理も張り切ってやりました。
り7
会場入り口へは、暗幕に★をちりばめた通路を進み
公演への期待を高めます。
り8

開演を待つ間は会員限定でもあり
落ち着いた安心できる空間。
り9

くすくすサークルによる挨拶
り10

静かにプラカードがめくられ、いよいよチカパン登場
ウクレレを奏で、小さなお話がはじまりました。
「グッドモーニング、バッドモーニング」と日常の話では、
「こんなのあるある!」とうなづき
「かべ」の話では、パントマイムのレクチャーがあり
観客も両手を広げて実際に演じてみます。
表現の楽しさを体感し、
誰もが一気にチカパンの世界に近づきました。
り14

風船や小道具を巧みに使い、前に招かれた会員と
一緒に演技する場面では、舞台と客席に一体感が生まれ
盛り上がります。
「鏡」の話では、人が老いていく、また若返るというその様が
見事でした。人生の経験値があるほどその動きに
身につまされる思いもします。
「チュルチュル」は、一瞬で表情と動きが変化し、
ぞっとさせられ、印象に残るものがありました。
言葉がなくても体の動き、表情で何を表現しているか伝わります。
観客もそれを五感をめいっぱい使って感じ取ろうとして
その空想の世界をそれぞれが楽しみました。
り12

プレゼントはジグソーパズルの形の台紙にちりばめられた
素敵な石粉ブローチ

チカパンの「パントマイムには正解はなく、会場に80人いたら80通りの
世界が創られる」という言葉は心に響きました。
小さな体からあふれるパワフルな演技に
笑いあり、切なさあり、と心が動かされ、空想の世界を
身体中で感じて気持ちがぽッとあたたかくなる時間でした。
り13

終演後の搬出は青年や大人も自然に手伝ってくれて
最後は皆でにこやかにポーズ
お見送りまで名残惜しくチカパンに手を振っていました。
また会いたいです。

人形劇「みにくいあひるのこ」

2018/07/11 Wed

7月1日(日)新習志野公民館にて、
くわえ・ぱぺっとステージによる人形劇「みにくいあひるのこ」を開催しました。

朝から設置したダンボサークル作成の看板。
あひるブログ看板

看板の下にはアヒルの親子が池で泳いでいます
あひるブログ看板2
公民館に来た親子が足を止めて見ていました


準備中の舞台裏を見せていただきました。
一人で演じるつげさん。工夫がいっぱい詰まった舞台裏でした
あひるブログ舞台裏

あひるブログ舞台裏2

ダンボサークル担当の昼食です。
あひるブログ昼食jpg
スタッフの分もおかずを作ってくれたのでいただきました。
とっても美味しかったです

事前活動の様子や次回のお知らせの掲示板です。
あひるブログ掲示
可愛いあひるは、総会の中で行った
うさぴょんまほうサークルのサークル発表でかぶったあひるの帽子です。

会員が作成した「さぼてんくん」。可愛いと大好評
あひるブログさぼてんくん
つげさんにもプレゼントしました

いよいよ開場。
86人の親子が観に来てくださいました。
あひるブログ開演前

今日の公演は、幼児親子体験ひろば「はぴはぴクラブ」の観劇体験でもあり、
はぴはぴメンバーも一緒に観ます。

はぴはぴメンバーは、事前活動であひるのペープサートを作ってきてくれました
あひるブログはぴはぴ
はぴはぴクラブの活動紹介の前の池に飾ってくれました。
どれもとっても可愛い

そして、14時!開演!
まずは、あいさつで観劇のお約束を伝えます。
あひるブログ挨拶
初めてのスタッフに練習の時は声が出なかった子も、
本番ではバッチリ大きな声で言えました

いよいよお話が始まります。
つげさんが出してくる形に、子どもたちは「まる!」「さんかく!」と
声を出して反応します。
つげさんはその声を受けとめつつお話を進めていきます。
初めから元気いっぱいの子どたちに大人も自然と笑顔が広がる空間でした

最初のお話、〇△□と卵の形でつくる「みにくいあひるのこ」では、
身近にある形から人形ができることが子どもたちの想像力を刺激し、
「次は何ができるんだろう」とワクワクした気持ちで観ていました。

また、つげさんが何役も演じ分ける楽しい声色に、
子どもも大人もつげワールドに魅了され、
本当にあっという間の時間でした。

楽しかったお礼にプレゼントを渡しました。
うさぴょんまほうサークルの親子とお友だち親子で作ったトートバッグと
さぼてんくん。
つげさんも喜んでくださいました。
あひるブログプレゼント

終演後、つげさんの周りには親子がたくさん集まり、
人形にさわらせてもらったりしていました。
あひるブログ送り出し

本当に楽しかったね


 

「みにくいあひるのこ」看板作り

2018/06/21 Thu

6月10日(日) 
ダンボサークルとうさぴょんまほうサークルの親子13人が集まり
7月1日の鑑賞例会「みにくいあひるのこ」の看板を作りました

子どもたちは、人形劇に出てくる、あひる、ぶた、さぼてんくん などを作り、
大人は看板の土台や題字などを作っていきます。

途中、お昼を食べ、美味しいおやつを食べながら、
2才の子から、大学生、大きな大人も一緒にワイワイ楽しく作りました
集まるって本当に楽しいね

image1 (002)

image1 (003)

image1.jpg

「みにくいあひるのこ」を観に来てくれた人が
この看板を見て楽しい気持ちになってくれたらいいな

image1 (004)

くわえ・ぱぺっとステージによる
○△□と
形で創る「みにくいあひるのこ」 
7月1日(日) 新習志野公民館にて 13:45開場 14:00開演 です。
https://www.facebook.com/events/172086560161329/
観に来てくださいね



鑑賞例会「アラビアンナイト~魔法のランプと明日のヒカリ~」

2018/05/15 Tue

少し前のことになりますが、
4月21日(土) 船橋市民文化ホールにて
NPO法人船橋子ども劇場主催
人形劇団むすび座による人形劇
「アラビアンナイト~魔法のランプと明日のヒカリ~」に
参加しました。

「アラビアンナイト」は、ならしのでは会場の都合で
上演できない作品。
今回は船橋の会場にお邪魔して、
むすび座さんの大型人形劇を観られるとあってわくわくです。
当日は船橋子ども劇場の会員のみなさんと一緒に
準備や当日の係などを行いました。

船橋子ども劇場作成の看板。
力強い絵が印象的ですね!
看板ブログ


人形劇を観る前も見た後も楽しめるように、
ロビーには楽しみがいっぱいです♪

事前取組「魔人に願いを届けよう」コーナー
魔人に願いをブログ
あなたなら魔人にどんなお願いをしますか?というテーマで
子どもにもおとなにも書いてもらいました。
色々なお願いがありましたよ。
魔人は船橋子ども劇場 Sさんの力作です。

「なりきり写真コーナー」
なりきり写真 ブログ
「記念写真コーナーがあったら楽しいね!」との声で
ならしので制作。小物にも凝りました~

「腕輪作りコーナー」
腕輪コーナーブログ
おはなしに出てくる腕輪を作れるコーナー。
シールを貼ったり、絵を描いたりして
自分だけの腕輪を作れます!


スタッフ 腕輪コーナー ブログ
腕輪つくりコーナーのスタッフ。青年も活躍しました!



「アラビアンコーナー」
アラビアコーナー ブログ
ランプをはじめアラビアの小物や、アラビアンナイトの本、
そして、アラビア語のあいさつなどを展示しました。
アラビア語は大学でアラビア語を勉強している
ならしのの青年が書いてくれました。


大人が会場準備をしているその頃、別室では
子ども達の交流会「アラビアの料理にチャレンジ!」を開催。

船橋とならしのの子ども劇場の子どもたちが
「バミヤ」「シシカバブ」を教わりながら作りました。


ひき肉をこねたり、形を整えたり・・・
料理 ブログ
出来上がったお料理は早速みんなでおいしくいただきました♪


開場です。
ロビーには準備したコーナーを楽しむ子どもや
親子連れでいっぱいです。
手づくりのオリジナルグッズコーナーもありました。
短剣ブログ
青年手作りの木製の短剣

腕輪を作る子どもたち。
腕輪作り ブログ
腕輪つくり2 ブログ


ホール開場前にはに入場待ちの行列ができました。
入場待ち行列 ブログ

受付嬢 ブログ
受付スタッフもアラビアンな雰囲気です

いよいよ「アラビアンナイト」の始まりです!

あいさつは船橋子ども劇場の理事長。
あいさつ ブログ
アラビア風の衣装で登場。


人形劇が始まると、あっという間にむすび座の人形劇の世界へ引き込まれました。
出遣いで一つの人形を3人で動かしながら、一人の演者がセリフを話しているのに、
人形の動きは指先からつま先までまるで生きているかのように自然で
人形遣いの技術の高さに驚きました。
また魔人がランプから出てくる時や戻る時の布使い、驚くほど大きな魔人、
舞台だけでなく客席まで使ったダイナミックな演出等々、ドキドキわくわく、
見どころがいっぱいでした。
魔人の力でお金持ちになり、夢のような暮らしを手に入れたアミン。
でもそれは幸せだったでしょうか?
ランプを取り上げられ、全てを失い絶望しているアミンに
魔力を持たない腕輪の魔人ハーティーが
「まだなにも終わっていません。あなたには体があるじゃないですか」と話します。
物語の中で本当に大切なものは何か考えさせられた舞台でもありました。
1時間半の作品にはむすび座の魅力がぎっしり詰まっていて本当に充実した舞台でした。
まさに人形劇の枠を超えた大迫力の人形劇でした。

プレゼント渡しはならしのの小学生、中学生、高校生と青年。
プレゼント渡し ブログ

小学生が作った、アロマワックスをプレゼントしました。

終演後、ロビーでは今まで舞台にいた人形を持ってむすび座の役者さんが
送りだしをしてくれました。
大臣送りだし ブログ
ハーティー送りだし ブログ

アミン 送りだしブログ
アミンは「なりきり写真コーナー」で一緒に写真撮影もしてくださいました!

いつまでも会場には、舞台の感動と高揚の余韻が残っていました。
むすび座さん、素晴らしい人形劇をありがとうございました。
色紙 ブログ
素敵な色紙をいただきました。

プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR