「あそびにきてね」

2017/07/11 Tue

7月2日(日)新習志野公民館にて
85人の親子が集まって
第196回鑑賞例会「あそびにきてね」が行われました。

ダンボサークル作成の看板が会場入り口でお出迎え。
「あそびにきてね」看板写真ブログ用

劇団さんの昼食はダンボサークルが担当です。
「あそびにきてね」昼食写真ブログ用


開演前から会場にはたくさんの親子が集まりました。
「あそびにきてね」会場写真2ブログ用

あそびサークルによるあいさつ。
鑑賞のお約束をみんなに伝えました。
「あそびにきてね」あいさつ写真ブログ用

おはなしの中で、楽しいシーンでは子どもも大人も声を出して大笑い
ちょっぴり悲しいシーンでは、会場中もシーンと悲しい気持ちに包まれました。
お話の最後、おばあさんとウサギが仲直りをして一緒に歌を歌うシーンでは
自然と手拍子が沸き起こり、小さな子から大人まで、心からこの瞬間を楽しんでいました

誰かを大切に想うこと、誰かに大切に想われことって素晴らしい
会場のみんなが幸せな気持ちに包まれました

お芝居が終わり、子ども劇場からのプレゼント。
「あそびにきてね」プレゼント渡し写真ブログ用

プレゼントはあそびサークル作成のバスボムです。
「あそびにきてね」プレゼント写真ブログ用


 「あそびにきてね」の作品を子どもたちに届けたくて集まった、
人形劇のつげくわえさん、音楽家のシモシュ、舞台役者の浅野佳砂音さん。
三人の優しさ、あたたかさが滲みでてくる舞台でした。

会場をあとにするときに、
「みんなの反応が素晴らしくて、とても楽しく演じることができました」
とおっしゃってくださいました。
またお会いできる日を楽しみに・・・

左手のピアニスト 智内威雄

2017/05/21 Sun

少し前のことになりますが、
4月30日(日)18:30~20:00 習志野市民会館にて
第196回年齢別鑑賞例会「左手のピアニスト 智内威雄」が
開催されました。
ブログ ピアノ


「左手のピアニスト」はタイトル通り
左手だけで演奏されるピアノコンサートです。
出演者の智内威雄さんは、ピアノの勉強のために
ドイツに留学中にジストニアという病気になり、
右手で演奏することができなくなり、
その後、左手のための楽曲と出会い、
現在「左手のピアニスト」として公演を行い活躍されています。

右手が使えなくなるという困難と向き合い、
それを個性に変えて活動されている智内さん。
どんな方だろうとドキドキしていたのですが、
会場に現れた智内さんは優しい笑顔が印象的な
とても穏やかな方でした。

公演が始まると、左手だけで弾いているとは思えない
奥行きのある音と迫力の演奏。
観客はあっという間に、智内さんのピアノの世界に惹き込まれました。
左手の動きが良く見えるようにと設置したプロジェクターに
映しだされた演奏する左手は鍵盤の端から端まで動き、
体は左右に大きく動き、本当に全身での演奏でした。
演奏中は観客もぐぐっと集中しているのですが、
曲の合間にある智内さんによる曲についての解説などの
おしゃべりタイムには、時には笑いも起きて、
会場がホッとなごやかになりました。
「こんな楽しいピアノコンサートは初めてでした」という感想もありましたよ。

公演では「朗読コンサート」も行われました。
ならしの子ども劇場会員による谷川俊太郎の「生きる」の朗読と、
智内さんのピアノのコレボレーションです。
リハーサルでは、ピアノの周りに朗読者を集めて
「もっと言葉の意味を考えて」「間を取って、ゆっくりと」など
智内さんからプロとしてのしっかりとしたアドバイスがありました。
本番では、ピアノの演奏が朗読の言葉を引き立て、
「生きる」の詩が心に染みわたりました。
朗読した会員にとってはプロと一緒に舞台に立ち、
しっかりと朗読できたことで自分の中に達成感や
自信が生まれる貴重な体験となりました。
「朗読コンサート」は芸術家と会員が創り上げた、
子ども劇場らしい時間となりました。

公演後には、販売された智内さんの著書などに
サインを求める人の長い列もでき、
智内さんの人気の様子がうかがえました。
智内さんの著書は「ピアノ、その左手の響き: 歴史をつなぐピアニストの挑戦」。


左手の楽曲などのピアノのことだけでなく、
智内さんのご両親や生い立ちなどについて書かれているということで
会場にあった本はあっという間に売り切れてしましました。

今回の公演では、左手だけの演奏に感動した人、
智内さんのピアノ演奏や人柄に魅了された人、
左手の楽曲との出会いになったという人、
その人それぞれの様々な感動がありました。
どの人にとっても、大切なものを心に届けてくれた
素敵なピアノコンサートでした。
智内さん、心に響く演奏をありがとうございました。

ブログ看板
いずみ1サークル作成の看板。ピアノが立体の力作です。


ブログ プレゼント
藤﨑ブロックといずみ1サークルが一緒に作った
プレゼント。フォトフレームと石けんをデコパージュしました。
プレゼントを入れる箱にもデコパージュしてあります。


ブログ 朗読アドバイス
朗読コンサートのリハーサルです。
小学生、中学生、青年、大人と年齢は様々ですが
みんな真剣に智内さんのお話を聞いてメモを取り、本番に向かいました。


ブログ小夜食
いずみⅠサークルの会員が作った小夜食。
筍ご飯、蕗の煮物、柏餅など季節感がいっぱいです。


ブログ 挨拶
開演前の挨拶です。藤﨑ブロックの高校生、中学生の兄妹と
お母さん、家族で係を行ってくれました


ブログ朗読
朗読コンサート本番です。朗読者は智内さんからのアドバイスを
しっかりと受けとめて、一つひとつの言葉を丁寧に朗読していました。


ブログプレゼント渡し
演奏が終わった智内さんへ、いずみⅠサークルの中学生のから
プレゼントが渡されました。


「あそびにきてね」劇団打ち合わせ

2017/03/31 Fri

3月24日(金)13:30~ 事務所にて
CAN青芸の俳優 浅野 佳砂音(かさね)さんをお迎えして
舞台「あそびにきてね」の打ち合せを行いました。
かさねさんブログ用

「あそびにきてね」は、CAN青芸の佳砂音さんと
人形劇団くわえ・ぱぺっとステージの つげ くわえさん、
作曲家・演奏家の シモシュさんのコラボレーション作品。
人間と人形とが共演し、
主にアコーディオンの生演奏が流れます。

物語は1人で暮らすおばあさんに届いた
「あそびにきてね」と書いてある手紙が
誰からのものかをたずね歩くお話。

誰かとつながる、
誰かを大切に思うことの幸せ。
そんなことを感じられるお話です。

佳砂音さんは、6年前の震災のあと
「子どもたちのために何ができるのか」
と悩んだそうです。
「でも自分にできることをしていこう」
と、演劇を続けていらっしゃるそうです。

私たちも自分に今できることを
精一杯やっていこう、と
元気をいただきました
あそびにきてね劇団打ち合わせブログ用

幼児~小学校低学年推奨鑑賞例会
「あそびにきてね」は
7月2日(日)13:30~
場所は新習志野公民館です。
楽しみに待っていてくださいね

ワークショップ「チカパンとパントマイムであそぼう!」楽しかった!

2017/03/20 Mon

3月19日(日) 10:15~11:15 谷津コミュニティセンター
参加者 16人

チカパンがみんなとパントマイム・ワークショップのために
また習志野に来てくれました!

集まったのは3歳から小学1年生とそのママたち。
2月の公演では衣装を着ていたけど、

今日は何だか違う???でも、歌いだすとやっぱりチカパン!
CIMG2901_convert_20170320150929.jpg

チカパンのパントマイムって不思議で可笑しくて
みんなの目はたちまちくぎ付けに
CIMG2904_convert_20170320151120.jpg

CIMG2909_LI_convert_20170320151237.jpg

チカパンに教わってマジックに挑戦してみたよ。
勇気を出して手を挙げた男の子
CIMG2914_LI_convert_20170320151320.jpg

大人だって!
実はやっている本人はみんなからどう見えているかよくわからない。
でもみんなが凄く笑っているから自分も笑顔になるね。
CIMG2917_LI_convert_20170320151558.jpg

CIMG2922_convert_20170320151831.jpg

チカパンが
「みんなも、やってみて。まず手を出して…」と説明してくれると
誰でも出来ちゃうから不思議。そしてどんどんやってみたくなる。
ちびっこパフォーマーがたくさん誕生しましたよ。
CIMG2939_LI_convert_20170320151933.jpg

CIMG2960_LI_convert_20170320152224.jpg

CIMG2949_LI_convert_20170329083642.jpg

うっ!壁にぶつかった!
ぶち破るよ!
CIMG2986_LI_convert_20170327045451.jpg

女の子たちも壁にぶつかって(ママだって女の子!)…みんな夢中で表現しています。
CIMG2988_LI_convert_20170327045541.jpg

恐竜、お花、色々なものをイメージして挑戦しました。
恥ずかしがり屋さんもみんなの中に紛れて出来ちゃう。
最後は輪になってやさしい音楽とチカパンのささやきに合わせて
みんなの手で作った鳥を大空に飛び立たせました。
みんなで一つ風景を作った瞬間でした。
CIMG3002_LI_convert_20170327045653.jpg


終わってからも黒いスクリーンの前には
「エスカレーター」を練習する列ができていました。

アンケートには子どもたちから
「チカパン、また来てね」
「いろいろ教えてくれてありがとう」
「チカパンだいすき」のメッセージがありました。
ママたちからは
「(わが子が)積極的で驚きました。楽しそうで私も嬉しかったです」
「大人もこんなに楽しめると思っていませんでした」
「明日は筋肉痛かも(笑)」
とありました。
みんな笑顔で帰っていきましたよ。

チカパンさん、また習志野に来てね!

「チカパンのいっしょにパントTIME!」報告

2017/02/20 Mon

2月19日13:00~ 新習志野公民館 多目的室

開場前から集まってきたみんな。
一番乗りは30分前に来てくれた小学生親子でした
今日は笑顔をハートで飾ったゲートをくぐって入場しますよ。
隨鷹。斐r髮・a繧医≧繧イ繝シ繝・convert_20170220083126
自分の写真を見つけて喜んでいた子もいました。
看板にもハートがあったのを、みんな気づいてくれたかな?


開演前から会場はなんだか楽しい雰囲気でいっぱい。
お天気も良かったしお出かけ日和だったかな。
小さい子がいる家族も笑顔で来てくれました。
パパの参加も多く嬉しいですね。
会場convert_20170220080344

さてさてみんなの前に現れたチカパン。
なんだかおかしいぞ。飛行機に乗ってる?
あれ、エンジン止まっちゃったの~!?
ほんの数分でみんなチカパンの動きにくぎ付け!
「チカパンのパンはパンツのパンじゃないよ」にはみんな大爆笑。
「何歳かって?チカパンは天才!」
どんどんチカパンワールドに引き込まれ
子どもたちはどんどん前のめりになっていきます。
口をぽかんとあけたまま見入っている子、
お母さんやお父さんのお膝で一生懸命見ている子、
いえいえ、子どもだけじゃない。
大人もみんな大笑いし、チカパンの「ねえ、これなんだと思う?」という問いかけに夢中になって…。

おいしいごちそうが次々現れてお腹いっぱいになるまで食べていたのに
まさかの展開
お月様を追いかけて旅に出る場面では
みんなも海のクラゲや昆布になってみたり
チカパンが言うとおり「何もないけど心の目で見ると見えてくる」。
それがパントマイムなんですね。

最後はハートに乗って飛んで行ったチカパン…
見送るみんなの顔があったかい笑顔になっていました

アンケートがたくさん集まりました。
みんな「とても楽しかった」にしっかり
中にはをしていた人も。
「子どもも大人も笑顔になりました」
「チカパンに会えて良かった。また会いたいです!」
「子どもが夢中になっていました」などの声がありました。

チカパンにまた会いたい?
舞台の最後にチカパンからもお知らせがありましたが
3月にチカパンがまた習志野にやってきます!
WS宣伝チカパンconvert_20170220082540

☆ワークショップ「チカパンとパントマイムであそぼう」☆
対象は3歳から小学3年生とその保護者さん。
幼児さんは親子で参加してくださいね。
 3月19日(日)
 谷津コミュニティセンター
 10:00受付開始10:15~11:15
 参加費:一般親子1.900円 一人1,000円
    会員は会員価格で参加できます。
 定員:30名

 持ち物:飲み物 タオル
 ならしの子ども劇場事務所へ申し込み後、入金をもって予約完了となります。
 キャンセル時の返金はできませんのでご了承ください。

さて、今回チカパンに「手伝ってくれるかな」と言われ、
前に出てパントマイムに挑戦してくれた子どもたちとパパさん(熱演でした!)
ありがとうございました。
舞台convert_20170220080519

何度も手を挙げたのに残念ながら選ばれなかった子たち
前に出るチャンスはなかったけど
その情熱、チカパンには届いていますよ。会場のみんなにも。
またみんなでこんな時間を楽しみましょう。
生の舞台ってやっぱりすごい!
子どもも大人も心をリセットして
新しい栄養を注入する時間ですね。
これはゲームやDVD、画面の向こうからじゃできないんだなあ。
そして、みんなにあったか~いエネルギーを注入してくれたチカパン、最高

素顔のチカパン、最後に撤去してきた看板の前でポーズ!
「3月にまた会おうね
1487548847983[77]_convert_20170220090445_convert_20170220090737

なお、ならしの子ども劇場では、今月末(2017年2月)まで新入会キャンペーンを実施しています。
是非、この機会にご検討ください。
プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR