子育て応援シアター「おはなしくじらのおもちゃばこ」

2020/01/27 Mon

12月15日(日) 開場14:20 開演14:30 終演15:30
谷津公民館集会室
総参加人数73人 内訳:はぴはぴクラブ会員子ども11人 大人11人
                子ども劇場会員子ども2人 大人3人 
                一般子ども15人 大人18人 スタッフ13人

はぴはぴクラブの講座、子育て応援シアター「おはなしくじらのおもちゃばこ」
今回はオープン企画、はぴはぴクラブのメンバー以外の親子も参加しました。
穏やかな日曜日の午後、けんけんくじらさんが谷津公民館に到着しました。
荷物を運びこんで、これから会場設営です。
ブログ用くじらさん到着


公民館の入り口に、はぴはぴクラブのメンバーで作った看板も設置しました。
ブログ用看板

会場にクリスマスツリーも飾りました。
ブログ用ツリー

けんけんくじらさんへのプレゼント。
子どもたちが描いたくじらの絵をアイロンプリントした巾着袋です。
ブログ用プレゼント

開場前からけんけんくじらさんはみんなをお出迎えしてくれます。

開演前の挨拶。はぴはぴクラブメンバーの親子が担当しました。
初めての挨拶係りでしたが、しっかり出来ました。
会場は幼児親子でいっぱいでした。
ブログ用あいさつ

けんけんくじらさんのおはなしが始まりました。
舞台と客席がとても近くて、最前列はけんけんくじらさんにさわれる近さです。
勢いのある声と動きに驚いたのか、最初は大人しい子どもたち。
「それじゃね、クイズだよ」と聞かれる辺りから少しずつ声が出始めました。
話していいんだ、自分の話に応えてくれるんだ、とわかった子どもたち。
次々にしゃべりだして、止まりません。
話したい気持ちがいっぱいで、立ち上がってしゃべりだす子どももいました。
子どもたちの楽しそうな姿に大人の方も笑顔になります。
会場全体がけんけんくじらさんのお話に引き込まれ、楽しむ雰囲気がありました。

お風呂で体を洗う場面では、「次、どこをあらおうか?」の声かけに
「顔!」「頭!」「耳!」「おでこ!」「あご!」「目!」「足の裏!」「あご!」
次々に声がかかって、けんけんくじらさんは同じ所を何回もこすっていました。
その姿も楽しくて、大笑いです。
空きびんでビン笛を吹く場面では、入れる水の量を変えて「きらきら星」の演奏。
子ども達も笛の音に合わせて、大合唱しました。
最後はアフリカのライオンのお話。
「ここをアフリカに変える歌を歌うよ」と、
みんなで「アフリカのうた」を歌いました。

けんけんくじらさんへのプレゼント、
くじらの絵をアイロンプリントした巾着袋を、
初めて係になった子どもが緊張しながらも
みんなの前でけんけんくじらさんに手渡しました。
ブログ用プレゼント渡し

終演後は、ペットボトルでビン笛の真似をする子、
「アフリカのうた」をうたう子どもの姿が見られました。
アンケートでは
「たのしかった」
「みせてくれてありがとう」
「楽しいリズムと豊かな表情にひきこまれ、大人もとても楽しめました」
「子どもたちと一緒に創り合ってできている舞台でした。
子どもたちの反応をみているだけでたのしかったです。」
など、大人も子どもも楽しめた感想が記入されていました。

終演後、スタッフと一緒に記念撮影。
けんけんくじらさん、楽しい時間をありがとうございました。
ブログ用スタッフと

次回のはぴはぴクラブは助産師による「いのちのはなし」です。

幼児親子体験ひろばはぴはぴクラブ「秋の森たんけん&やきいも」

2019/11/27 Wed

11/17(日)10:00~13:00 香澄公園 参加者 子ども12人 大人16人 

気持ちの良い秋晴れの休日、香澄公園で秋の森たんけんを楽しみました。

スタッフが炉で火をおこしたり、シチューの食材を切ったりしているところに
はぴはぴクラブメンバーの親子が次々やってきました。
受付を終えた親子からやきいもを焼くための落ち葉をビニール袋に集めます。
手で拾っているだけではなかなか集まらないので、
落ちている木の枝を箒のように使って葉っぱを集める子どもも。
ブログ用落ち葉集め


次は新聞紙でサツマイモを包んで水につけてからアルミホイルでくるみます。
すき間がないように包んでね。
ブログ用イモ包み


やきいもの準備が出来たら、メンバーで輪になって、自己紹介から始めます。
自己紹介が終わったら、みんなでじゃんけん列車。
「かもーつれっしゃ、しゅっしゅっしゅ。」歌いながら歩いて、歌が終わった時に
近くにいる相手とじゃんけんです。負けた方は買った方の後ろに並びます。
最後にはみんなつながりました。

それでは、森たんけんカードとビニール袋を持って、探検にしゅっぱーつ!
カードには
・形の違うどんぐり2つ
・においのするもの
・赤い葉っぱ
・赤い実
・ちくちくするもの
・きみがみつけたスペシャルなもの
この6つを探して、みつけたものをビニール袋に入れて、カードにシールを貼ります。

「こっちにあったよ!」「ここにも!」「みてみて!」
みんな次々に見つけていきます。
ブログ用秋さがし2

ブログ用秋さがし1



公園を歩いて、千葉市のさくらのひろばに到着。
こんどはしっぽとりで遊びます。
まずは子どもが逃げて、大人が追いかけます。
腰につけたバンダナをとられたら、しゃがみます。
逃げる子どもも追いかける大人も真剣勝負!
次は大人が逃げて、子どもが追いかけます。
「もう一回やる!」子どもは元気いっぱいです。
ブログ用しっぽとり1

ブログ用しっぽとり2


そろそろお昼近くになってきたので、ピクニックの丘に戻ります。

炉で作ったシチューとみんなが準備をして焼いたやきいも、美味しく頂きました。
ブログ用食事風景2

ブログ用食事風景1

焼きマシュマロもあるよ~♪
ブログ用焼マシュマロ

お腹が満足したところで、絵本の読み聞かせです。
「わにわにくんのおふろ」
ブログ用読み聞かせ

「やきいもグーチーパー」の手遊びをして、さよならをしました。

遊具の広場へ遊びに行った親子、また森たんけんに行った親子、
それぞれ秋の午後を楽しみました。

次回は12月15日(日)
谷津公民館で
子育て応援シアター「おはなしくじらのおもちゃばこ」です。
はぴはぴクラブのメンバーでなくても参加できます。
けんけんくじらさんの楽しいお芝居、
未就学児の親子は必見です。
チケットなど詳しくは、ならしの子ども劇場までお問い合わせください。

「大人のための絵本講座」

2019/10/03 Thu

9月15日(日)14時~15時半 事務所 参加者会員14人

ならしの子ども劇場の会員の三浦さん、宇野さんによる
読み聞かせと本にまつわるお話を楽しみました。
三浦さんも宇野さんも、お仕事先やボランティアのお話し会で
いつも楽しく子どもたちに読み聞かせをしてくれていますが、
今日は大人のためだけの時間です。
絵本は子ども向けの物ではなく大人も楽しめると、
実際に本を手に取り、
読み聞かせも交えて話してくれました。
三浦さん読み聞かせブログ用jpg
宇野さん素話ブログ用jpg


例えば、芥川龍之介「くもの糸」
とても美しい日本語で、ぜひ読んでほしいと話します。
「綱渡りの男」
完成間近のニューヨークのツインタワーの間、
地上400メートルで綱渡りをした男の
実話を基にした絵本です。
実話だということが驚きですし、
ツインタワーが今は存在しないということも
考えさせられます。

「ピートのスケートレース」
ドイツ占領下のオランダ。
国境近くの町に住む10歳の少年ピートは、
冬のある日、凍った運河をスケートで滑って、
知り合いの姉妹を隣国ベルギーへ逃がす
手助けをします。
日本での戦争を描いた絵本もありますが、
外国でも戦争中色々なことがあったのだと
気づかされます。

アンケートでは、「もっと本を読みたくなりました!」
「大人は人に読んでもらう機会がなかなかないので、
とても良い時間でした」
「子どもの成長に合わせて、もっと本を楽しんで
いれば良かった。
…が、いつからでも遅くない!
私の教養も深めていきたいです」
などなど、たくさんの感想が書かれていました。

エンデパッパサークル白石さん
お手製のケーキでティータイム。
ケーキブログ用

心もお腹も満たされた時間でした。

幼児親子体験ひろば はぴはぴクラブ「親子で遊ぶ絵本講座」

2019/10/03 Thu

9月15日(日) 10:15~12:00  新習志野公民館
参加者 子ども7人、大人7人

約2か月ぶりのはぴはぴクラブです。
久しぶりに会う子ども達、みんな元気だったかな?
今日は大人は講座を聞き、子どもは別室で遊びます。
子どもを預けて参加者がそろったところで、
心ほぐしのゲームです。
「秋といえば○○が好きな△△です」
端から順に、前の人が言ったことも全部復唱していくので、
人数が増えると覚えきれず大変です。
最後は講師の三浦さん、
全員分をきちんと覚えて復唱してくれました!

少―しママたちの距離が近くなったところで、
絵本講座の始まりです。
机に並べられた絵本を手に取って、
子どもがどんなところに興味を持つのか、
絵本の読み聞かせをはさみながらお話ししてくれます。
電車や車など乗り物好きな子どもには、
車が町を走りながらいろいろな種類の車と
すれ違っていくおはなしの絵本を。
乗り物図鑑のようで、絵を見ながら親子で
会話することができますよと勧めてくれました。
ママ講座の様子ブログ用jpg


「“子どもは耳でおはなしを聞いて、目で物語を読む”
子どもは絵をよく見ていて、
大人が気づかないことにも気づきます。
絵を見ればおはなしがわかるような絵本がいいですね。

絵本を上手に読もうとする必要はなく、
素直に読めば大丈夫。
身近な人に読んでもらうことで
子どもは安心して聞くことができます。
自分で文字が読めるようになっても、
言葉を読み取り、場面をイメージすることが難しいので、
ぜひ読み聞かせを続けてあげてください、
おはなしを一緒に楽しんでくださいね」
と話してくれました。

参加者からの、
「絵本を読んでいると、どんどんページをめくってしまって、
おはなしを読むのが間に合わない」
という相談に、三浦さんは
「ページをめくるのが楽しいのかな?
お母さんが自分に絵本を読んでくれている、ということに
気付いてないのかもしれません。
例えば、最初に紹介したような
日常の事柄が書かれている絵本で、
絵を見ながら親子で会話するのもいいですね。
わらべうたの絵本も、絵をみながら
一緒に歌を歌うことで、
子どもも一緒に絵本を楽しめるのでお勧めですよ」
と話してくれました。

大人が講座を聞いている間、
子ども達は保育のスタッフと
小麦粉粘土やカプラ、電車のおもちゃなどで
遊んで過ごしました。

保育小麦粉粘土ブログ用
白い小麦粉に、緑の粉(食紅)を入れると、あら不思議!
あっという間に緑色のねんどが出来上がります。
保育ボールブログ用
カラフルなボールもいっぱい!


講座の終わりは親子一緒におはなしを楽しむ時間。
三浦さんの読み聞かせに子どもたちは元気な声で応えます。
大人も笑いながら手拍子です。
親子で一緒にブログ用

みんな、笑顔でさよならをしました。
でも、楽しさは続き、さよならの後も
三浦さんを囲んで親子で絵本を見る姿が見られました。
終わった後もブログ用


次回のはぴはぴクラブは、
11月17日(日)
「秋の森たんけん&やきいも」 みんなで秋を楽しみます♪

2019幼児親子体験ひろば はぴはぴクラブ「作って食べよう♪かたつむりパン」

2019/07/05 Fri

6月30日(日)10時45分~13時 谷津公民館調理室
参加者 親子7組(大人7人 子ども9人) スタッフ7人

幼児期に親子で一緒に色々な体験を楽しんでもらう
幼児体験ひろば「はぴはぴクラブ」が今年度も始まりました!

 第一回目は、毎年大好評パン作りです。
親子7組が集まりました。
昨年に続き参加してくれた親子、初めての親子、
どの顔もちょっと緊張の表情でしょうか?

 パン生地はスタッフが事前に準備し
一次発酵まで出来ています。

講師の先生がかたつむりや、たこの形に
成形の見本を見せてくれるのを
みんな真剣な表情で見つめています。
講師に教わるブログ用
話を聴く子ブログ用

みんな両手でパンの生地を受け取ります。フワフワでやわらかーい。
宝物のように、そぉっと手のひらで包んで、テーブルまで運びます。
生地もらうさくらブログ用
生地もらう圭ブログ用


さあ、今度は自分たちの番。親子で会話しながら好きな形を作っていきます。
お母さんと「何にする?」と相談し合って、一緒に作ります。
かたつむり、かめ、電車!など、子どもたちも自分で形を作りました。
成形塙親子ブログ用
成形矢木親子ブログ用jpg
ブログ用成形平野親子
成形さくらブログ用



 成形が終わり、二次発酵の間に絵本の読み聞かせです。
「あっちゃんあがつく」子ども達の名前の文字を読んでいきます。
自分の名前が呼ばれるとうれしそうだったり、恥ずかしそうだったり、
子ども達の反応がほほえましいひと時でした。
読み聞かせブログ用


絵本が終わり、テーブルのパンを見ると、初めよりふっくらと膨らんでいます。
二次発酵後、表面に卵液を塗って、レーズンやドレンチェリーで
思い思いに飾り付け、オーブンへ。
ブログ用 飾り付け浜田親子jpg

オーブンへブログ用


パン生地がふくらんで、少しずつ色づいていきます。
子どもたちはくっつきあってオーブンをのぞき込んでいます。
「わぁ、焼けてきたー」「膨らんできたー」
子どもたちは待ちきれない様子。
いい香りがしてきて、パンがこんがりと焼き上がりました。
オーブンのぞくブログ用jpg


焼きあがったらみんなでいただきます。
どの顔もにこにこです。
できあがり川谷家ブログ用
できたよ遠藤親子ブログ用
たこパンブログ用jpg

パンを食べ終わったら、一人一人自己紹介の時間をとりました。
はぴはぴクラブに集まってくれた親子、これから一年間
みんなで楽しい時間を過ごしましょう。
よろしくお願いします。

年間スケジュールの第一回目は終了しましたが、
まだまだメンバー募集中です。

◆次回は「親子で楽しむ絵本講座」
親子で絵本を楽しむための読み聞かせや
絵本選びのコツを学びます。
お子さんは保育で預かり、
大人は講師のお話をゆっくりと聞くことができます。
次回のはぴはぴクラブも楽しみですね。

プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR