2019幼児親子体験ひろば はぴはぴクラブ「作って食べよう♪かたつむりパン」

2019/07/05 Fri

6月30日(日)10時45分~13時 谷津公民館調理室
参加者 親子7組(大人7人 子ども9人) スタッフ7人

幼児期に親子で一緒に色々な体験を楽しんでもらう
幼児体験ひろば「はぴはぴクラブ」が今年度も始まりました!

 第一回目は、毎年大好評パン作りです。
親子7組が集まりました。
昨年に続き参加してくれた親子、初めての親子、
どの顔もちょっと緊張の表情でしょうか?

 パン生地はスタッフが事前に準備し
一次発酵まで出来ています。

講師の先生がかたつむりや、たこの形に
成形の見本を見せてくれるのを
みんな真剣な表情で見つめています。
講師に教わるブログ用
話を聴く子ブログ用

みんな両手でパンの生地を受け取ります。フワフワでやわらかーい。
宝物のように、そぉっと手のひらで包んで、テーブルまで運びます。
生地もらうさくらブログ用
生地もらう圭ブログ用


さあ、今度は自分たちの番。親子で会話しながら好きな形を作っていきます。
お母さんと「何にする?」と相談し合って、一緒に作ります。
かたつむり、かめ、電車!など、子どもたちも自分で形を作りました。
成形塙親子ブログ用
成形矢木親子ブログ用jpg
ブログ用成形平野親子
成形さくらブログ用



 成形が終わり、二次発酵の間に絵本の読み聞かせです。
「あっちゃんあがつく」子ども達の名前の文字を読んでいきます。
自分の名前が呼ばれるとうれしそうだったり、恥ずかしそうだったり、
子ども達の反応がほほえましいひと時でした。
読み聞かせブログ用


絵本が終わり、テーブルのパンを見ると、初めよりふっくらと膨らんでいます。
二次発酵後、表面に卵液を塗って、レーズンやドレンチェリーで
思い思いに飾り付け、オーブンへ。
ブログ用 飾り付け浜田親子jpg

オーブンへブログ用


パン生地がふくらんで、少しずつ色づいていきます。
子どもたちはくっつきあってオーブンをのぞき込んでいます。
「わぁ、焼けてきたー」「膨らんできたー」
子どもたちは待ちきれない様子。
いい香りがしてきて、パンがこんがりと焼き上がりました。
オーブンのぞくブログ用jpg


焼きあがったらみんなでいただきます。
どの顔もにこにこです。
できあがり川谷家ブログ用
できたよ遠藤親子ブログ用
たこパンブログ用jpg

パンを食べ終わったら、一人一人自己紹介の時間をとりました。
はぴはぴクラブに集まってくれた親子、これから一年間
みんなで楽しい時間を過ごしましょう。
よろしくお願いします。

年間スケジュールの第一回目は終了しましたが、
まだまだメンバー募集中です。

◆次回は「親子で楽しむ絵本講座」
親子で絵本を楽しむための読み聞かせや
絵本選びのコツを学びます。
お子さんは保育で預かり、
大人は講師のお話をゆっくりと聞くことができます。
次回のはぴはぴクラブも楽しみですね。

子育て・孫育て応援講座「柴田愛子氏講演会」報告

2019/02/19 Tue

子育て・孫育て応援講座
~こどもの心をのぞいてみよう~
柴田愛子氏講演会「幼児期から小学校低学年の子育て・孫育て」
2/16(土) 13:30~15:30
92人の参加で開催しました。

先週の西野氏講演会、午前中の映画「こどもこそミライ」の上映会に続き、
応援講座の第三弾、柴田氏の講演会です。

今回の応援講座の中では最も多くのお申し込みをいただきました。
会場の広さから、お申し込みの受付を締め切らざるをえないほどでした。
予定より座席の数を多く配置し、準備をしました。

題字は会員が書いてくれました。
講演会題字

柴田先生の著書も並びました。絵本もあります。
著書販売

保育の受け入れです。
お部屋の広さからすべての方の保育をお受けすることが出来ませんでした。
保育受け入れ

柴田先生のお話が始まりました。
講演中

午前中「こどもこそミライ」の映像の中に登場していた方が目の前にいると思うと
不思議な気持ちです。
映画は6年ほど前に取られたものだそうで、「私も若かったでしょ?」と。
いえいえ、ちっともお変わりないです。

映画の中では「りんごの木」のミーティングの場面が出てきます。
「うちもね、一日中ミーティングばっかりやってるわけじゃないのよ」
ミーティングについては、先生の著書にも詳しく記されています。

先生のお話は日常の保育の中でのエピソードを臨場感たっぷりに話してくださるので、
会場も笑い声に包まれます。
講演中 会場

子育てに正解はない。何が良くて、何が悪いという考え方もどんどん変わっていく。
途中、「孫育てハンドブック」を手にして、
「これ、本当によくできていると思います。以前はこうだったけど、今はこうだというのも
書かれているし」
内容についてコメントしてくださいました。

先生が保育の世界に入ったきっかけは、お姉さんに赤ちゃんが生まれたこと。
生まれてきた赤ちゃんの成長する姿を見て、「こどもの成長の助けになる仕事がしたい」
と思ったそうです。

保育の世界に入って子どもと過ごすうちに、
「大人が子どもにどのように育ってほしいかではなく、
子ども自身に自ら育つ力はないのだろうか」と考えたそうです。
本当に内容の濃い時間でした。

参加者のアンケートからは
「主人(父親)にも一緒にきいてもらうべきでした」
「子どもを頭で見てしまっているなと反省しました」
「子育てをもっともっと楽しめるようなヒントがたくさんで、活力がたくさんうまれました」
「2児の母親の娘に誘われて来ました。楽しい先生のお話に引き込まれ、あっという間の時間でした」
などなど、数多くの感想をいただきました。

講演会終了後には柴田先生から著書へのサインをしていただきました。
先生は一人一人に話しかけ、その人に合わせた一言を添えてくださいました。
行列サイン

会員がいただいたサインです。
サイン

先生のお話からいろいろな気づきをもらいました。ありがとうございました。

2週にわたって行われた講座が無事終了しました。
習志野市の補助金を受けたことで、すべての講座を無料で開催できました。
また、行政の協力で、講座のチラシを市内の公立幼保小中、全てに配布できました。
より多くの方々に講座に参加していただけたと思います。

講座の実施にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

子育て・孫育て応援講座 「こどもこそミライ」上映会報告

2019/02/19 Tue

育て・孫育て応援講座
~こどもの心をのぞいてみよう~
映画「こどもこそミライ」~まだ見ぬ保育の世界~
2/16(土) 10:30~12:10

先週の西野氏講演会に続き、応援講座の第二弾、映画「こどもこそミライ」の上映会です。

映画挨拶

今日も多くの会員がスタッフに入ってくれました。
会場設営は先週経験しているので、手早く終えることが出来ました。
題字は会員が筆で書いたものです。

講座題字

映画・題字

映画館ではない場所で上映するので、スクリーンや音響の設定に苦労しました。
劇場の青年が機材設定を引き受けてくれました。

受付

参加者が入場し、上映開始です。

映画上映中

この映画は3つの保育園のドキュメンタリーです。
それぞれの保育現場では「子どもが主役」
子どもに向き合う保育者は子どもに指示を出すのではなく
子どもの言葉に耳を傾け、子ども自身に考えるよう促します。

「りんごの木」に興味を持っていて、この映画の上映会があることを
ネットで知り、栃木県から来てくださった方もいました。
参加者のアンケートでは
「以前から見たかった映画でした」
「子どもに関わる仕事をしているから参加しました」
という言葉も多く見られました。

上映会を企画し、多くの方々に見ていただく機会を作れて良かったです。

 子育て・孫育て応援講座 ~子どもの心をのぞいてみよう~ 西野博之氏講演会 報告 

2019/02/11 Mon

 子育て・孫育て応援講座
~子どもの心をのぞいてみよう~
西野博之氏講演会 報告 
2.10(日)13:30~15:30 消防庁舎にて
  
習志野市からの補助金採択事業として、
西野博之氏の講演会を行いました。
題字1

前日の雪に、会場までの道や
足元が心配されましたが、空は晴れ、
定刻には定員に近い多くの参加者が来場しました。
保育の利用をする若い子育て世代から
孫育て世代、行政関係まで幅広い参加者に
西野先生の言葉は心に響くものでした。

準備に多くの時間をかけて臨んだ当日。
会場の準備に取り掛かります。
会場設営前
会場設営前の講義室。
机を片付け、椅子を並べ、当日スタッフの動きは
軽やかで本当に頼もしかったです。
スクリーン準備、劇場紹介、受付、保育室
スクリ-ン準備
劇場紹介
受付
保育室

講師の西野先生が到着。
なんと会場に入ってすぐに、
机の上に飾っていた花に注目。
これは?素敵だねぇと質問攻め。
会員の手づくりの花にとっても喜んでくださいました。
ちょうど作成者がいたので、詳しく説明。
花
心優しい一面を強く感じました。

受付開始近くには、それぞれ担当もスタンバイ。
受付担当、販売担当、
受付担当
販売担当

いよいよ受付開始です。
受付開始
保育受け入れ。
保育受け入れ
講師パワーポイント題字
講師講演

定刻に司会より挨拶。
司会
いよいよ講演が始まりました。
西野先生
子どもがいることの有難さ。
孫がいることの有難さ。
不登校、親がどんと構えていたら何の問題もない。
講演中jpg

今、子どもたちは、どういう時代を生きているか?
子育て、孫育てのプロセスの中で何を大切にするか。
講演の様子jpg
会場様子

子どもにとって遊ぶことは、生きることそのもの。
「大丈夫」という安心の種をまこう。
子どもの得意な所に光をあてる。
今持っている力で、今を生きる。

まず、大人が幸せでいてください。
子どもはそういう中で、安心して生きることができます。
「生まれてきてくれてありがとう。」
たくさんの言葉が本当に心に強く響きました。

あっという間の2時間でした。
講演後は、本の販売に多くの方が、
そして著者のサインを求めて、並ぶ列がみられました。
書籍購入
サインの列
ブログ用 講演会_convert_20190211230230 (1)

ならしの子ども劇場としては、
2016年1月にも、「ゆる親のすすめ」の講演会で
西野先生に出会う機会がありました。
そこからさらに子どもたちの生きる世界は
厳しい状況です。
まず大人が幸せでいよう。子どもの命は尊い。
生まれてきてくれてありがとう。
改めて心に深く刻みました。
西野先生、ありがとうございました。
また、お会いしたいです。

今回、補助金のおかげで参加費無料にできたことにより、
より多くの方に、
「ならしの孫育てハンドブック」と
この応援講座を届けられる機会をもつことができました。
これからは参加できなかった地域の子育て・孫育ての方に
今日の講演の内容につき、広めていきたいと思います。

チカパンと親子でパントマイムであそぼう!

2019/01/21 Mon

幼児体験ひろば はぴはぴクラブ オープン企画
「チカパンと親子でパントマイムであそぼう!」

1月20日(日)10:15~11:15 谷津公民館 講義室
参加者 はぴはぴ会員 子ども 9人   大人 8人
            会員以外  子ども 7人   大人 4人

ほぼ毎月一度集まって体験を重ねている幼児体験広場はぴはぴクラブ。
今回はオープン企画。はぴはぴ以外のお友達も参加です。

今日は、パントマイマー「チカパン」と一緒に遊びます。
3ウクレレ_convert_20190121004402 (1)

最初にみんなでご挨拶。でもまだ少しみんな固い感じです。
2ごあいさつ_convert_20190121004109 (1)

さてさて、何が始まるのかな…。
今日のテーマは…
チカパンが黒板にいっぱい描いてくれていました。
1黒板_convert_20190121012901 (1)
パントマイムって、なんにもないけど、なんでもある!!
とっても自由なんだって!

まずは、パントマイムではおなじみの「壁」をみんなでやってみよう。
右手、左手、少し動かして…
4壁の練習_convert_20190121004533 (1)

次は、お空に何か描いてみよう。
自分で思ったことを自由に。
だってパントマイムは自分で思ったものを目の前に描いていいんだから。
5_空に絵を描く_convert_20190121004641 (1)

「前に出てやってみたい子、いるかな?」というチカパンの問いかけに
次々と手が上がります。
みんなやりたい気持ちがムクムクわいてきています。
チカパンが見ているみんなに「前に出てやれるって素敵。こんな時はみんな『ブラボー!』って拍手してね」
って言いました。
みんな大きな声でブラボーと言いながら拍手、拍手!

今度はチカパンとパントマイムの技に挑戦。
手が伸びた~?
10手が伸びる_convert_20190121004930 (1)

首が伸びたっ???
姉妹ふたりでやっています。
12姉妹で挑戦_convert_20190121005128 (1)

大人だって挑戦!
お尻が伸びた~っ!!
19ママも挑戦_convert_20190121014551 (1)

何人もの子どもたちがみんなの前でパントマイムに挑戦。
チカパンが「是非ご一緒に」とお誘いしたお父さんはチカパンとミニコント。
打ち合わせなんかなくても、その場で心と動作を合わせれば…
みんなお腹をかかえて笑いました。
そして「ブラボー」と大きな拍手。
今日初めて会った人も多いのに、見ている側は前で頑張る人を見守る、
応援する気持ちになってくるから不思議です。

もうみんなパントマイムが面白くって
たまらなくなってきました。

次はね、みんなで冒険!
氷の海をあざらしになって進んだり
20みんなで冒険 あざらし_convert_20190121015454 (1)

壁にぶつかっちゃった…でもそんな時は乗り越える!
やり方は、さっきチカパンに教えてもらったから、大丈夫。
まずは女の子たち
21A壁女の子_convert_20190121015557 (1)

男の子たちだって
21B壁男の子_convert_20190121015701 (1)

お父さんも!
壁はぶちやぶっても良いし、ドアを作って通り抜けてもいいんだよ。それはみんな次第!
InkedCIMG6746_LI_convert_20190121020738 (1)

お母さんたち。
壁にぶつかったら痛~い!でも立ち上がるよ。
23壁ママたち_convert_20190121015753 (1)

探検のクライマックスは、怪獣に立ち向かうため、みんなも怪獣に。
がお~!
24怪獣_convert_20190121021549 (1)

最後は一つの輪になって、みんなの手で「いのち」を作ります。
動物、波、植物…
それぞれが作ったちょうちょは、遠く遠く水平線の向こうへ…
一人ひとりの手から、素敵な物語が生まれました。
25輪になって_convert_20190121020020 (1)

26輪になって_convert_20190121020108 (1)

終わってみると、最初はママたちのそばを離れなかった子どもたちが、
チカパンの周りに集まっていました。
全て終了し、さようならをした後も子どもたちはチカパンのそばから離れない。
27終わってからも_convert_20190121020159 (1)

プロのパフォーマーとかパントマイマーとかいうのではなく、
超面白いお友達なのかな。
子どもたちにとって楽しい仲間が増えた、そんな時間だったのかもしれません。

やっぱり親子で体と心を動かす、笑顔になるって大切ですね。
それも一人ではなく、みんな一緒だから面白さが何倍にもなります。
子どもたちがたくさん挑戦でき、たくさん声を出したのは、
みんなと一緒だったから。
そしてチカパンが一緒だったから。

チカパン、また遊ぼうね!
CIMG6727_convert_20190121020241 (1)





プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR