「ならしのこまち2020」第3回子ども企画スタッフ会議報告

2020/01/29 Wed


 ならしのこまち2020
第3回子ども企画スタッフ会議 報告 
2020.1.19(日)13:30~15:00
谷津コミュニティセンター 和室B 
参加者 会員子ども:3人、一般子ども:16人、 
スタッフ6人、青年4人
今回は町長と青年の進行で、会議を進めました。
まずは、キャラクターの投票から始めます。
子どもたちが考えてきてくれたキャラクター案を、
作成者からどんな想いで考えたか
それぞれ説明してもらいました。
キャラクター投票
11個の作品は、どれも素敵な作品でした。
結果は「コマッチー」に決定!
キャラクター決定

次は大人からまちの仕組みの説明。
その後は、5.6年と4年に分かれて、
全体のあそびを1つずつ考えました。
いろんな意見が出てきましたが、
5.6年は運ゲーム、くじ引き、宝探しなど
4年は年齢別なぞなぞ、ビンゴなど
の案が出ました。
4年あそび考案
最後は、実際に「ならしのこまち」を行う
公園の下見に外へ出かけました。
この日は天気も良く青空で、
たくさんの親子連れが遊んでいました。
当日もお天気で開催しようねと
公園をひと周り。
広さやまわりの様子を実際に見て
当日への思いを高めました。
当日チラシも間もなく完成。
出来あがり次第配布予定です。

次回は2月16日(日)10:00~11:30
 谷津コミュニティセンター和室B
 あそびの企画を決め、準備の段取りをする予定です。

ならしのこまち2020 第2回子ども企画スタッフ会議報告

2019/12/14 Sat

 ならしのこまち2020
第2回子ども企画スタッフ会議 報告 
2019.12.7(土)10:00~11:30
谷津コミュニティセンター 和室B 
参加者 会員子ども:2人、一般子ども:18人、 
スタッフ5人、青年2人
今回は青年の進行で、会議を進めました。
まずは、子どもたちが仲良くなるために、名前順並び。
輪になって下の名前の五十音順に会話をしながら並びます。
並べたらひとりずつ名前を言いながら確認。
続いて、隣の人の名前を言いながら自分の名前を言う
というバージョンもやってみます。
輪の終わりの方では…
だんだんたくさんの名前を言うことになりましたが、
みんな上手に言えました。
名前並び

次は、机を出して、5.6年、4年と2つに分かれて坐り、
前回の振り返り。
前回作ったイメージボードから、スタッフが受け取った
キーワードを掲示し、子どもたちに確認。
その後、班ごとに今年のテーマについて話し合い。
テーマ決め

一度休憩を挟み、全体で、どんな意見がでたか出し合います。
テーマ発表

たくさんの意見が活発に出たなかで、何度か多数決もして
いよいよ決定。
多数決
多数決1
テーマ決定
今年のテーマは「明るく笑顔で楽しく遊べる町」です。

そして5.6年から町長、副町長、書記を決めました。
これは、立候補がでてあっという間に決定。
係決め
町長は6年女子2人、副町長は6年男子1人、
書記は6年女子1人、5年女子1人です。

4年はまちのキャラクターを考案しました。
キャラクタ考案
次回に持参して、投票ののちひとつに決定します。
早速、書記に「子ども新聞」も書いてもらいました。
少しずつ仲間意識も感じてきた、
元気な子どもたちの、活発な楽しい会議でした。

次回はキャラクター決定、まちのしくみ確認、ルール、全体のあそび企画考案、
公園下見の予定です。
来年元気に集いましょう。
次回予定は:1月19日(日)13:30~15:00 谷津コミュニティセンター和室B

ならしのこまち2020 第1回子ども企画スタッフ会議報告

2019/11/20 Wed

ならしのこまち2020
第1回子ども企画スタッフ会議 報告 
2019.11.17(日)10:00~11:30
谷津コミュニティセンター ふれあいルーム・和室B 
参加者 会員子ども:3人、一般子ども:16人、保護者:19人 
スタッフ6人、青年5人
青年の作成した募集カラーチラシの効果大で、
定員を上回る申し込みがあり、募集期限前に締め切るという
大人気となった子ども企画スタッフ。
どんな子どもたちに会えるか?わくわくです。
子ども企画スタッフになりたいと!集まった子どもたち。
今回は保護者の方も一緒に参加です。
はじめましてなので、スタッフの大人・青年の紹介から
青年紹介

青年は、会員で小学生から活動を続けてきて成長し、
今は大学生となり活動に関わってくれています。
ならしのこまちの子どもたちをサポートしてくれます。
そして子どもたちの自己紹介。
子ども自己紹介
小4~小6の学校も学年もばらばらの子どもたちですが、
みんなのやりたいという意欲を感じます。
続いて去年の「ならしのこまち」のスライドを
保護者も一緒に観ました。
スライド紹介
去年参加者として遊んだり、スタッフだった子どもたちもいて、
楽しかった気持ちを思い出します。

次は、こまちのイメージボード作りをしてみました。
まず、ならしのこまち2020はどんなまちにしたいか?
何があると楽しいか?どんなあそびをしたらたくさん来てくれるか?
イメージします。
そして、台紙となる画用紙に、用意された雑誌やチラシの切り抜きを
一面に貼り合わせます。
イメージボード作り
自分の思い描くイメージに合ったものを選んで
貼ってみました。
言葉で書いたり、マジックで書いたり、
脅迫文のように文字を貼り合わせたり、
個性豊かな作品が出来上がります。
作品2
作品3

作業の間に保護者には、別室に移動してもらい、
保護者説明会を行いました。
ならしのこまちについてと、
ならしの子ども劇場紹介をパワーポイントで説明、
大人に向けても、大人としてサポートする関わりを勧めて終了。

作業のあとは、班発表です。
どんなイメージを元に、どんなことを考えて
それを作ったか話してもらいました。
5つの班に分かれていたので、班ごとに行います。
それぞれ一人が発表したら、他の人は質問。

そして、全体発表。
班ごとにその場で、自分の作品をみんなに見てもらいました。
全体発表1
自分でコメントも言ってくれて、
保護者の方も熱心に見入っています。
本当に個性豊かな力作揃い。子どもたちの発想の豊かさに感心。
作成物は提出してもらい、
今後、当日へ向けた活動に生かしていく予定です。

最後は、次回に向け、
テーマ、具体的にどんなことをしたら楽しくあそべるか?
各自アイディアを考えてこよう。!
と伝えて終了。
次回へ向けて
子どもも大人も前向きに関わろうとする気持ちが感じられた会議となりました。
これからに期待したいです。
次回予定は:12月7日(土)10:00~11:30 谷津コミュニティセンター和室B

小学生親の会発信企画「ならしのオリンピック」報告

2019/10/04 Fri

小学生親の会発信企画
「ならしのオリンピック ~めざせ金メダル~」

9月21日(土)10:00~12:30 香澄公園にて
参加人数
会員 子ども7人、大人6人
一般 子ども2人、大人2人
スタッフ 青年3人、大人2人

数日前からお天気が心配でしたが、
無事に「ならしのオリンピック」を開催することができました!


はじめに9組の親子とスタッフ全員で自己紹介です。
今回「ポスターを見ました」と、一般親子が参加してくれました。

1自己紹介


競技を始める前にしっかりと準備運動を行います。
みんなで「ラジオ体操第一!」

2ラジオ体操


青、黄の2チームに分かれて改めて自己紹介をした後に、
いよいよ運動会「ならしのオリンピック」のスタートです。

チームの代表が開会宣言をしてくれました。


最初のプログラムは、
『ならしのオリンピック聖火リレー』です。

3聖火リレー スタート


聖火リレーのトーチは、モノづくりが得意なお母さんの手作りです。
火に見立てたテニスボールを絶妙なバランスでトーチに乗せて走ります。
簡単そうに見えてやってみると意外と難しい!

真剣な姿がカッコいい♪

4聖火リレー ともや


プログラム2番は、
『みんなで走ってパックンチョ』(菓子食い競争)です。

ぶら下がっているお菓子に食いつく子どもたち。
お菓子の種類が違うので、
我先にと好きなお菓子めがけて走り出す子もいました。

5菓子食い競争 子ども



「私もやりたい!!」と大人たちも参戦です。
大人の場合は、ひもを低くしてお菓子の位置を下げています。
低い体勢で必死にお菓子に食いつきます!

6菓子食い競争 大人


この日初めて菓子食い競争を体験した子どもたち。
予定のレース数が終わると「もう一回!」と、おねだり。
子どもたちのリクエストに応えて、
残ったお菓子がなくなるまでレースを続行しました。

7菓子食い競争 子ども2


プログラム3番は、
『ミッションをこなせ!』(障害物競走)です。

スタートしてすぐに裏返しのカードを1枚を選び、
書いてあるミッションをこなします。
ミッションは「ジャンプを20回」や「片足で20秒立つ」など、さまざま。
1つ目のミッションをクリアした後にブルーシートをくぐります。

8障害走


その先には2つ目のミッションが!
『横向きでゴールしてね!』のミッションに、
カニ歩きでゴールに向かう子。
かわいいです♪

9障害走


プログラム4番は、
『全力疾走みんでリレー』です。

運動会定番のリレー!
手作りのバトンをしっかり握って一生懸命走る子どもたち。
応援の声もヒートアップします!

10リレー


プログラム5番は、
『東京につなげ五輪の輪』です。

一列に並び、前を向いたまま輪っかのバトンを頭の上から後ろの人に渡し、
上から受け取った人は足の間を通して後ろに渡すという、
チームの団結力が試される、バトン送りリレーです。

バトンを送ったらすぐに後ろを向いて応援します!

11五輪の輪


プログラム6番は、
『的をめがけてバキューン』です。

的役の青年2人。
準備オッケー♪

12水てっぽう 青年2人


レインコートに貼ってある紙を、
水てっぽうで多く濡らしたチームの勝ちです!

スタートの合図と同時に走り出す子どもたち!
逃げる青年!
制限時間の1分間、的の青年を夢中で追いかけました。

13水てっぽう


6つの競技が終わり、得点結果をみんなで見ます。

勝敗は・・・青チームの優勝!
黄色チームもがんばりました。

14得点表


表彰式。
かんばった両チームにメダルを渡します。
青チームは金メダル、黄色チームには銀メダルを青年にかけてもらいました。

15表彰


無事に「ならしのオリンピック」が終わり、
みんなでホットドックとゼリーを食べました。
たくさん体を動かしたので、みんなあっという間に食べてしまいました。

16ホットドッグ


初めは恥ずかしそうにしていた子どもも、
競技が進むにつれて生き生きとした表情や、
大きな声で応援する姿が見られ、
外での体験は子どもにとても大切だな、と改めて実感しました。

青年も一緒に競技に参加したり、
競技に参加できなかった小さな子供の面倒を見たりと大活躍!
とっても楽しい運動会になりました。


今回の『ならしのオリンピック』は、
来年の東京オリンピックを親子で楽しみにできるように、
子どもも大人も外で思いっきり体を動かそう!と、
ならしの子ども劇場会員で小学生の子を持つママたちで企画しました。

この日の為に何度も会議を重ね、準備をするのは大変でしたが、
子どもたちの楽しんでいる姿と、ママたちのたくさんの笑顔が見られて、
「開催してよかった!」と心から思いました。


ならしの子ども劇場は、随時会員を募集しています。
ぜひ、あなたも一緒にこの楽しさを体験しませんか。



子どもが楽しければ大人も楽しい!
大人が楽しければ子どもも楽しい!

17集合写真

こまちサポーターズ キックオフ会報告

2019/09/25 Wed

 こまちサポーターズ キックオフ会報告 
2019.9.22(日)15:00~16:30
谷津公民館 和室 
参加者 18人、大人14人、青年2人、小学生1人、個人1人

集まった「こまちサポーターズメンバー」たち。
まずは、気持ちほぐしあそびから
話さずに、下の名前の五十音順並び
なんと、同じ名前が3人もいました。
ほぐしあそび1
次は、出身地順並び、
ほぐしあそび2
そして3つに分かれて人間知恵の輪
大人だけあって、全部のチームが成功!
さらに、子どもの頃のあそびマップ作り
各自紙に書いて、発表し合いました。
あそびマップ1
あそびマップ2
あそびマップ3
子どもの頃遊んだ様子は様々で、
お互いのことを知る楽しい時間となりました。

後半は、全員でならしのこまちの事業計画書を
確認し、各自の関われる度合いに応じて
3つのチーム分かれて、
話し合っていくことになりました。

◎「運営サポートチーム」
子ども企画スタッフを中心に、青年はその会議から
関わり、大人は全体のサポート体制を考えていきます。
 
◎「まちのデザインチーム」
まち全体の雰囲気作り、区切り、装飾面等について
考えます。

◎「材料チーム」
まちで使う材料やダンボールなどの収集、分類、片付け等
につき考えます。
材料チーム

キックオフ会を終え、
サポーターズの活動はここから始まりました。
少しでも関わり合い、子どもたちの笑顔のために、
一緒に楽しく活動しましょう。
プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR