鑑賞例会 オペラ「銀のロバ」

2019/05/14 Tue

5月12日(日) 船橋市文化創造館きららホールにて
NPO法人船橋子ども劇場主催
オペラシアターこんにゃく座による
オペラ「銀のロバ」に参加しました。

「銀のロバ」はオーストラリアの作家
ソーニャ・ハートネットの児童書が原作の物語。
会員の中には、舞台を観る前に子どもに
毎晩、読み聞かせていた人もいました。
ならしのでは、事前に小さなロバを作ったり、
「ロバの特徴」のパネルを作ったりして
当日を楽しみにしてきました。

さて、当日。
今回は船橋子ども劇場主催の鑑賞例会に
参加させてもらっているので、
スタッフも一緒に行います。

まずはロビーの設営から。
慣れない会場だけど、船橋の方たちと協力して準備を始めます。

船橋子ども劇場作成の看板。
看板
絵のように見えるけど、
実は紙を小さく切って貼り合わせて出来ている貼り絵です。
色が鮮やかできれいで、素敵な看板ですね。

ロビーには舞台鑑賞の前のお楽しみが色々♪

事前取組「しあわせってなんだろう?」コーナー
いつも当たり前にしているけど、本当は大切で身近にある「幸せなこと」を
みんなで考えてみました。
しあわせの木 ならしの
しあわせの木 船橋jpg
「あそぶ」「寝る」「おいしいものを食べる」「家族と笑い合う」などなど・・・
普通のことが幸せで大事だって改めて感じます。
「おかあさんといっしょにいること」小学2年生の書いてくれた「幸せなこと」には
読んだ人が、ほっこりと幸せな気持ちになりました。

ならしの力作の、「銀のロバ」
ロバ子jpg
このロバには、こんにゃく座のキャラクターこんにゃくんが
またがってくれました♪。
(その様子はこんにゃく座のHPでご覧ください)

これもならしの作製の「ロバの特徴」
ロバの特徴
ロバの特徴めくる
ロバをめくるとロバについての豆知識が書いてあります。
ロバのことって知らないことが沢山。
案外大人が一生懸命めくっていました。

船橋子ども劇場の作った「緑のゲート」
緑のゲート
「銀のロバ」の物語が森の中で進むことから
森をイメージした緑のゲートをくぐって
会場へ入ってもらうことにしました。

ならしの いずみⅠサークルが作った
劇団さんへのプレゼント。
プレゼントjpg
こちらも葉っぱ🍂をモチーフにして作った巾着。
作った人のイメージでそれぞれ違うデザインです。

販売コーナーにはこんにゃく座さんのCDやグッズが並びます。
販売準備

開場時間近くになるとロビーには、沢山の参加者。
早速掲示物を見る人や、「しあわせ」を書く人も・・・
ロビーの様子jpg
ロビー様子2

例会で久しぶりに顔を合わせる人もいて、
再会を喜ぶ声や姿があちらこちらに見られました。
子ども劇場の鑑賞例会らしい光景ですね。

さて開場です。
入場
緑のゲートをくぐってどんどん入場していきます。
会場はほぼ満席です。

船橋子ども劇場のメビウスサークル(高学年サークル)による
挨拶で舞台が始まりました。
あいさつ


5人の歌役者とピアノ演奏者の6人で舞台は構成されています。
舞台は木の葉の描かれた幕と、円形の舞台、
そしていくつかの流木が置かれている以外は
大きなセットはありません。

歌役者の美しい歌声で物語は始まりました。

目の見えない戦場から逃げてきた兵士チューイと
マルセル、ココ、パスカールの出会いと別れの物語。
こんにゃく座のオペラは、言葉も聞きやすく、
まるで話しているセリフを聞いているかのように
自然と耳に入ってきました。
そして、上演中、ずっと奏でられているピアノも
まるで一緒に語っているかのようで
歌役者の一人のような存在でした。

舞台中流れるのは、生の歌声とピアノの音、
そして役者が声や、足音、流木を使って出す効果音。
生でない音は一つも無い世界。
会場中が美しい音に包まれた贅沢な時間でした。

登場人物それぞれの心の機微が瑞々しく表現されている物語にも
ぐいぐいと引き込まれ、あっという間の1時間半でした。

プレゼント渡しは、ならしのの小、中、高校生。
高校生がしっかりと劇団さんにお礼の言葉を伝えてくれました。
プレゼント渡し1
プレゼント渡し2

終演後も、歌役者の皆さんが全員ロビーで
送りだしをしてくださいました。
送り出し1
送り出し2pg


美しい音に溢れた、心に響く舞台、
子どもたちとこの作品に出会えてよかったと
心から思えるオペラ「銀のロバ」でした。
こんにゃく座の皆さん、素敵な舞台を
本当にありがとうございました。

素敵な色紙もいただきました♡
船橋子ども劇場の色紙
ふなばし色紙

ならしの子ども劇場の色紙
船橋色紙jpg

春企画「平成最後のお泊り会」報告

2019/04/04 Thu

3/30(土)18時~3/31(日)6時半
昼の部「平成最後の運動会」に引き続き、
会員の新中1~青年18人が参加して、
夜の部 春企画「平成最後のお泊り会」を実施しました。

夜の部のオープニング
進行は高校生。
夜オープニング

始めに2グループに分かれ「スポーツ鬼ごっこ」
敵陣に攻め入り、宝をゲットします。
この勝敗で夕食が決まるとあって、みんな真剣に走ります。
鬼ごっこ

鬼ごっこ2

勝敗がついたところで、今日の宿泊場所
旧鷺沼集会所へ移動。
夕飯の準備に取り掛かります。

今日の夕飯は鍋。
勝ったチームが味を選べました。
味は「塩ちゃんこ」と「みそ」
調理

夜ごはん1jpg

夜ごはん2

いただきます!
いただきます

いただきます2

みんないっぱい運動したから、すごい食欲です!
夜ごはん3

夜ごはん4jpg
美味しくいただきました。

食べた後は、クイズ大会「青年王」
青年が出すクイズに答えていきます。
中には難問も!
クイズ1

クイズ2

クイズ3

クイズ4
 
中高生に負けじと青年が答える場面も!
クイズ青年

クイズの後は就寝・・・

これで企画はすべておしまい。
「次は夏交で!」
集合写真

春企画は、高校生が中心となって、
これまで11月から7回の会議を重ね、中学生と一緒に創ったものです。

企画をゼロから創ることはとても大変で、
何をしたらいいのかアイデアが出す、
なかなか話し合いが進みませんでした。

それでも、来てくれる小学生を楽しませたい、
中学生に企画の楽しさを感じてもらいたい、と
青年に助けられながら、創り上げてきました。

この企画で小学生が本当に楽しそうにしていたので、
関わった実行委員はそれぞれ「やってよかった」と
思っていることと思います。

この企画がまた次の企画へと続いていきます。
次は、「夏の交流会」。
このメンバーでどんな夏交を創っていくのか楽しみです。

春企画「平成最後の運動会」報告

2019/04/04 Thu

3月30日(土) 13時~16時
会員の小学1年生から青年21人が参加して、
春企画「平成最後の運動会」を行いました。

進行は、実行委員長と副実行委員長の高校生です。
オープニング

鷺沼の城址公園に集合し、
ここから2チームに分かれウォークラリーで袖ヶ浦近隣公園を目指します。
オープニング2

ウォークラリー

指令所の写真をヒントに道を探していきます。
ウォークラリー3jpg

ウォークラリー2

袖ヶ浦近隣公園では、障害物リレー対決。
借り物競争をして
障害物4

障害物3

障害物1

馬飛びをして
馬飛びjpg

うさぎ跳びをして
うさぎ跳び

縄跳びをして
障害物2

けっこうハードな運動会でした(;^_^A

借り物で借りたものを身に付けさせられた青年ふたり・・・
借り物

袖ヶ浦公民館に移動しました。
部屋

「ギネスに挑戦」
1・卵ボーロを1分間で箸を使って何個食べられるか
ギネス1

ギネス2

2・1分間に鉛筆を何本たてられるか
ギネス3

ギネス4

ここでちょっと休憩おやつタイム!
おやつ1

おやつ2

そしてまたウォークラリー。
来た道とは違う道を指令所の写真を探しながら、城址公園に向けて歩きます。

城址公園では最後の対決「絵心クイズ」
お題の絵をチームで描きます。
絵心クイズ

絵心クイズ2

これで「平成最後の運動会」はおしまい。
エンディング

楽しかったからか、なかなか帰らない小学生もいました。
「またあそぼうね~♪」

新中1以上は、夜の部「平成最後のお泊り会」へと続きます・・・

続きは、次のブログで!

ならしのこまち 当日報告

2019/03/24 Sun

 ならしのこまち当日 報告 
2019.3.23(土)10:00~15:00 
谷津奏の杜公園 

今回は初めて谷津奏の杜公園での開催。
寒い雨交じりの天気となりましたが、
子どもたちのあそび心は
それを吹き飛ばす勢いでした。
看板

時間になると、受付に集まってくる子どもたち。
集まる子ども
そして受付
受付
参加者はリストバンドを付けてもらいます。
バンド参加者リスト
リストバンド

町に入ると、まず町民カードに名前を書いて、
身に付けます。
町民カ-ド
そして、まちのしくみを学びます。
町のしくみ

いよいよまちのはじまり。
町の始まり1
町の始まり2jpg
町の始まり3
お店を開いたり、自由にあそびます。
材料屋さんには何があるかなあ?
材料屋

子ども企画スタッフが考案の
全体の企画“宝探し”
時間の前に打合せ
宝探し打合せ
さあ宝探しやるよ
みんな集まれ~
宝探し集まれ
宝探しの説明。
宝探し説明
町の中で宝の箱を探そう。
宝を見つけた子どもたち。
宝見つけた

子ども企画スタッフの証「ワッペン贈呈」
贈呈1
ワッペン付ける
ワッペン

子ども企画スタッフ一同です。
子ども企画全員

まちのおみせいろいろ
おみせ1
ジュース屋さん、
アルバイトの子どもたちは専用のキャップをかぶります。
みんなお似合いです。
ジュース屋
おしゃれやさんは呼び込み
おしゃれ屋
自販機のおみせは大賑わい。
販売機
本のしおり屋
おみせ5
ゾウ町
うさぎ町

全体企画のビンゴ大会
ビンゴ大会
みんなカードを真剣に見ます。番号あるかなあ?
ビンゴあがりの子どもたち
景品は封筒に入ったこまち札
思わずにっこり。
ビンゴあがり

まちがどんどんできてきます。
おみせ6
材料屋1
求人カード
求人カード

シンボルとしてまん中においた動物園。
好きな動物を書いてね。
動物園1
動物園2
動物園3

子ども劇場の活動を知らせるために
手作り“のぼり旗”も増設。
風によくはためいて。
のぼり旗

2回目の宝探し。
宝探し2回目

町長のエンディングでまちは終了。
あっという間の“ならしのこまち”でした。

当日サポートしてくれた
劇場で育ってきた会員の青年、中学生、
会員の大人、子ども企画スタッフの保護者、
個人ボランティア学生、
千葉工大プロジェクトメンバー、
nom de cocoa(ノム ドゥ ココア) さん
皆さんありがとうございました。
たくさんの人が関わり、
少しずつアイディアを出し合い、
当日を盛り上げようと活動してくれました。
寒い中お疲れ様でした。

お天気は恵まれなかったけど、
子どもたちの遊びたい!
その気持は何よりも勝っていました。
ならしのこまちを楽しみにしてくれていた
子どもたちの笑顔はキラキラ✨
素敵な時間とあったかい気持ちが
まちにいっぱいあふれていました。

今年参加してくれた子どもたち
今年のこまち札は、来年もまた使えますよ。
またぜひ遊びにきてね。

「ならしのこまち」第5回子ども企画スタッフ会議報告

2019/03/20 Wed

 ならしのこまち
第5回子ども企画スタッフ会議 報告 

2019.3.17(日)10:00~11:30 事務所 
参加者 会員:6年生3人、5年生1人、青年4人
一般:5年生4人、千葉工大プロジェクトメンバ-1人 
今回は最後の打合せ。
当日の全体の進行、流れ、役割の確認。
そして各担当最後の作業。
5回会議
子ども企画スタッは、去年まちに参加し、
遊んだ子どもたちばかりです。
その自由に楽しく過ごした時間が、
よかった~と
今年は、企画する側のスタッフとして
活動しています。
その子どもたちの保護者の皆さんも、
今年は町民カードの作成、準備から関わり、
当日もサポートしてくれる予定です。
劇場で育ってきた会員の青年たち、会員の大人、
プロジェクトメンバー、とたくさんの人が関わり、
少しずつアイディアを出し合い、
当日を盛り上げようと準備万端です。

いよいよあとは当日を待つばかり。
お天気で、楽しく遊べる一日でありますように。
今年の「ならしのこまち」どんなまちができていくのか?
とっても楽しみです。

子どもがつくる子どものまち「ならしのこまち」
3月23日(土)10:00~15:00 開催です。
谷津奏の杜公園 に集まれ~ みんな遊びにきてね。

プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR