子どもがつくる子どものまち大人実行委員会まとめの会報告

2018/04/17 Tue

4月17日(火)10:00~12:00 事務所にて
先日行われた子ども企画スタッフによるまとめの会を踏まえ、
大人実行委員会まとめの会を行いました。

こどものまちの当日、大人の居場所作りを絵本のコーナーで担当してくださった
千葉工業大学 稲坂研究室の稲坂先生と学生4人、
子ども劇場6人が出席しました。

細かい反省点も何点かあがりましたが、
当日の子どもたちはみんな楽しそうで、
この子どもたちが自由な発想で思い切り遊べる場は続けていきたい
と、思いを共有し合うことが出来ました。

また、稲坂研究室と一緒に活動したことで、
次回はこんなことも一緒にできるかも、と
新たな展開が見えてきました。

ならしのこまちは、子どもたちのやりたい気持ちを大切にしながら
子どもも大人も色々な人と関わり合い、
まだまだ進化できる可能性を見出せるまとめの会となりました。


CIMG5231ブログ用

これで、子どもがつくる子どものまち「ならしのこまち2018」は
すべて終了です。

次回のならしのこまちも楽しみにしていてくださいね



子どもがつくる子どものまち「ならしのこまち」報告

2018/03/27 Tue

3月24日(土) 10:00~15:00 中央公園にて、春らしいぽかぽか陽気の中、
第10回 子どもがつくる子どものまち「ならしのこまち」が開催されました

今年は、今までで最高の169人もの子どもたちの参加がありました

開場前から長蛇の列
子どものまち列

受付をしてまちの説明を聞いたら、みんな「ならしのこまち」の住民です。
子どものまち受付

まずは子ども企画スタッフによるオープニングで「開会宣言」
子どものまちオープニング


子ども企画スタッフ会議では、小学4年生~6年生の7人の子どもたちが全6回の会議を重ね
まちでのルール、通貨などを考え、看板、お札、町民カードなどの作成準備をして
当日を迎えました。

そして、来てくれた子どもたちに楽しんでもらおうと企画を考え、
当日も進行していました。

子ども企画スタッフ会議で考えたみんなが楽しめる企画は3つ。

企画①「みんなでまちのキャラクター"はむおにぎり"を完成させよう!」

ならしのこまちのキャラクター「はむおにぎり」に好きなおにぎりの具を書いたものを貼り、
白いはむおにぎりにしていきます。
たくさん貼ってもらって、最後はいつもの白いはむおにぎりになりました
子どものまちはむおにぎり

企画②「犯人探し」

まちで銀行強盗が発生!
指名手配書をもとに犯人を捜します。
見つけられたら賞金1,000こまちがもらえます。
子どものまち指名手配書
似顔絵があまりにも似ていてすぐに捕まってしまいました

企画③「ビンゴ大会」

子ども企画スタッフが手作りしたビンゴカードでビンゴ大会。
まちの住民みんなが参加して盛り上がりました
子どものまちビンゴ

子どものまちは、まちで使える紙幣「こまち」を使い、
お店を出したり、お店でアルバイトしたり、買い物したりして遊べるまちです。
子どもたちは思い思いのまちを創っていきます。

去年も来ていた子は何をしようか考えて準備してきている子もいました。
同じ時期に同じ場所で続けてきた成果ですね

初めてきた子は慣れている子の様子を見て何をしようか考えます。
まちには材料屋さんもあって文房具や色々な工作材料があるので
手ぶらで来ても大丈夫です。

アルバイトすることもできます。
子どものまちアルバイト募集

まちの材料屋さんで仕入れた材料を使って
アクセサリーを作ったり、花束を作ったり、
ゲームコーナーを作ったり、お店を飾りつけたり…
まちはどんどん進化していきます。

子どものまちお店1

子どものまちお店2

子どものまちお店3

子どものまちお店4

子どものまちお店5

子どものまちお店6

子どものまちお店7

大人が用意した駄菓子とジュースもこまちで買えます。
子どものまちジュース屋


大人は大人のコーナーで子どもたちの様子、まちがどんどん進化してく様子を
あたたかく、ゆったり見守ります。

カフェコーナーは今年で3年目のnom de cocoaさんが担当してくださいました。
今年も美味しいコーヒーでほっと一息できました

今年新たな取り組みとして大人の居場所、絵本のコーナーを作りました。
千葉工業大学 稲坂研究室の「ぶっくる」(移動書架)と学生さんが来てくださり、
地域の「くじら文庫」さんが絵本をたくさん持ってきてくださいました
学生さんによる絵本の読み聞かせも大講評でした

子どものまちぶっくる

お天気も良かったので、シートを広げてゆったり子どもたちを見守っている
お父さん、お母さんの姿がたくさん見られました。

たくさんにの大人に見守られ、安心して自由に遊べる場で、
子どもたちは楽しく遊んでいました。

子どもたちはあそびの中で、たくさんの子どもや大人とコミュニケーションをとり、
他の子のいいところを見つけ、自分のいいところを見つけてもらう体験をたくさんします。
それは自己肯定感につながるとても大切な体験です。

そして、ゲームやSNSを通してでなく、あそびを通して生身の人と関わり合うことは、
嬉しかったり楽しかったりだけでなく、時には嫌な気持ちになることもあるかもしれないけれど、
生きていくうえで子どもたちの力になっていきます。

これからこの公園は工事に入るため来年のこの場所での開催は難しいと思いますが、
子どもたちの笑顔に出会うために、どこかで続けていきたいです。

また来年を楽しみに待っていてくださいね

子どものまち会場



はぴはぴクラブDEデイキャンプ

2018/03/19 Mon

3月4日(日)10:00受付
10:15~13:30
香澄公園 にて
はぴはぴメンバー10組

いよいよはぴはぴクラブ最後の会。朝からきれいな青空が広がり
絶好の春の探検日和でした公園ではスタッフが一足早く
お昼のシチューを準備します。しばらくするとはぴはぴメンバーたちが
元気良くやってきましたきた親子から順番にさつま芋を新聞紙に
巻いたり、炉に使う小枝を拾って過ごします拾ってきた小枝が
炉の中でパチパチと燃えていく様子を興味深くみていたり
自分の仕事とばかりに張り切って炉の見守りをする子もいました

炉 手伝い
ぼくにまかせてっ

探検に出発する前にフラフープやじゃんけん列車で準備運動

ジャンケン列車
誰が勝つかな

心も体もポカポカになったらキーワードが書かれた
探検カードを持って春の森へ探検です。
早速キーワードを見つける子どもたち。
たくさんの「見つけたー」の声が聞こえてきます。
「うごいている」というキーワードでは、冬から目覚めた
ダンゴムシたちを発見しましたよ

ダンゴムシ
「たくさん出てきた

親子で空を見上げたり川の中に何かを探したり。
普段は何気なく通り過ぎる場所も「探検」になると
いろんなものが見えてくるのですね

探検1

どんぐり
どんぐりから芽が出てたよ

見つからないおともだちに「ここにあるよ」と教えあう
微笑ましい姿もみられました途中休憩では親子で
真剣シッポ取りゲーム子どもたち速い速い

しっぽとり
まてまて~

大人も負けていませんでしたよ帰り道は急いで
ゴールを目指す子もいれば、のんびり探検を続ける子もいました。
みんなが帰ってきたらお昼ご飯のシチューと焼き芋が
待っていました。お外で食べるご飯は美味しいね
おかわりする子たちもいました

もぐもぐ
おいしーい

ごちそうさまのあと、子どもたちはデザートの
焼きマシュマロ作りや外遊び

松ぼっくり ころころ
「落ちてる松ぼっくり転がそう

大人たちはミニ茶話会を行いました。1年間の感想を話し
「カレンダーに予定を書いて親子楽しみにしていた。」
「たくさんの体験が1年間通して楽しめた。」「来年は?」と
みなさんたくさんお話してくれました。
最後は大型絵本をみんなで読んでおしまいです

読みきかせ

終わりに
2017年度「はぴはぴクラブ」に参加してくださったみなさん
本当にありがとうございました
最初は「はじめまして」だった人たちと名前を呼びあい、
次に会う日を楽しみにできる。参加者、スタッフみんなで
作り上げた1年間になりました。
親子でワクワク、ドキドキの体験はできましたか
子どもたちが大きく育った時、重ねた時間がキラキラと輝いた
宝物になって壁を乗り越える力になってくれることを願っています

全員集合
1年間みんなでたくさん遊んだねまた一緒に遊ぼうね

鑑賞例会「ともだちや -あいつもともだちー」報告

2018/03/11 Sun

2月25日(日)習志野市民会館にて
劇団うりんこ
「ともだちや -あいつもともだち-」を
開催しました。


入り口ではディズニーサークルの看板が
みんなをお出迎え。

立体的なちょうちんやトランプカード、
動物の足跡スタンプで、
工夫を凝らした看板となりました。

ブログ ともだちや看板


事前活動として取り組んだ
「ともだちやカード」。
楽しいカードや、
カラフルなカードが
たくさん集まりました。

ブログ ともだちやカード


今日の劇団さんのお食事は、
ぶーぱっぱサークルが担当。
お雛様の花寿司、唐揚げ、デザート。
とっても美味しそう。

ブログ ともだちや小夜食


ロビーでは、「ともだちや」の舞台にちなんで
パックンへび、
キツネとオオカミのしっぽのストラップを
1つ200円で販売。

ブログ パックンへび



特にストラップは大好評で
当日完売しました!

ブログ ともだちやストラップ


開演前の挨拶の様子です。
ディズニーサークルの小4女子と高1男子、
頑張りました。

ブログ ともだちや挨拶



そして、よいよいよ公演が始まりました。

うりんこさんの舞台は元気いっぱいで、
役者さんたちが踊りだすと、
客席からも自然と拍手が起こり、
会場全体で舞台を盛り上げました。

登場する動物たちは個性がそれぞれ
ハッキリしていてわかりやすく、
様々な形の「ともだち」が出てきました。

上手く話せなくて、
あっちでもこっちでも
約束してしまったり、
ゲームが上手くいかないと
ズルしてしまったり・・・。
「いるいる、こんな子!」
と共感できる場面も
沢山ありましたね。



ステキな公演の後には、
劇団さんにプレゼントを渡しました。
ディズニーサークルの兄弟が
頑張りましたよ。

ブログ ともだちやプレゼント渡し2



今回のプレゼントは、
ディズニーサークルが作った
万年カレンダー。
白と黒のフエルトを交互に
並べて市松模様にした、
オシャレなカレンダーです。

ブログ ともだちやプレゼント


最後は劇団さんによる送り出し。
役者さんたちと直接触れ合えて、
みんな楽しそうに帰っていきました。

ともだちや送り出しブログ1

ともだちや送り出し2ブログ用




今回は、高学年向けの舞台。
『ともだち』について考えさせられる
メッセージが込められていて、
1人1人が本当のともだちって何だろう?
と改めて考え、ともだちの大切さについて
感じることが出来る作品でした。

それぞれの立場で考えさせられ、
台詞が心に響きました。

登場する動物たちの様子が、
身近な「ともだち」と重なり合い、
とっても楽しい舞台でした。

原作があって、親しみやすい作品
だったけれど、生の舞台ならではの
臨場感、迫力、役者さんの息遣い
までもが会場全体に伝わったことでしょう。

また、ロビーでは、会員同士が
鑑賞例会で久々に顔を合わせ、
楽しそうに語らう様子も
見受けられました。

子どもにとっても大人にとっても、
やっぱり鑑賞って良いですよね。

それを共有できる仲間が
もっと増えたら・・・
もっともっと楽しくなりますね♪

エンデパッパサークル 福豆まき&「ともだちや」事前活動報告

2018/03/01 Thu

1月30日(火)14時半〜15時半 パークタウン15号棟集会所にて
谷津南ブロック エンデパッパサークル
福豆まき&「ともだちや」事前活動を行いました。

参加者は、会員子ども4人、大人4人、一般子ども30人、大人6人。

参加者の来場がばらばらだったので、
みんなが揃う前に「ともだちやカード」を書いてもらいました。

参加者は3年生が大部分を占めていました。
「ともだちとやりたいことはなに?」の面はすぐに書けましたが、
「あなたにとってともだちってなに?」の面については考え込む子もいました。

スタートは、絵本「ともだちや ともだちごっこ」の読み聞かせから。
小さい子もいましたが、ちょっと長い絵本だったにも関わらず
最後まで静かに絵本に聞き入っていました。
劇にも出てくるお話だったので、当日「ともだちや」を見るのがとても楽しみです

読み聞かせ

最後は福豆まき
お菓子が大好きな子ども達の降ってくるお菓子を待っている姿は
熱気に溢れていました

犬年の子と6年生の子の4人が『福』を撒きました。
お菓子が降ってくると、子ども達ははしゃぎながら
自分のまわりにあるお菓子を拾いあげて持って来た袋に入れました

福まきjpg

福まき2

終了すると、お互いに気遣ってお菓子を譲り合う微笑ましい姿も見られました。
皆さんにもたくさんの福が降ってきますように
プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR