北崎圭太氏講演会

2018/07/17 Tue

北崎圭太氏講演会
 「子どもにとっての、ネット・ゲームのホントの問題」 
2018.7.7(土)1部 大人編 16:00~18:00
       サンロード津田沼5F 和室 
参加者 会員 25人、一般 3人、保育 6人
2部 中高生編 19:00~21:00 事務所 
参加者 会員 8人、(中学生6、高校生2)
ならしのでは久しぶりに北﨑氏の講演会を行いました。
圭太3
「子どもにとっての」に絞った視点から
講師自らが始めに語っていた、
まさに“思っていたのと違う”講演会でした。
ワークショップを交えて参加し、人と関わって、
話をして楽しく考えた時間、
そしてホントの問題の言葉が心に響きました。
まずテーマに至るまでの話
「子どもにスマホは持たせていい」「だけど…」
そこから始めて、その先を
だれとも責め合わずに一緒に考えると語ります。

そして全員で誕生日順並び替え、下の名前の五十音順、
手の暖かさ順、輪になった状態で電流ゲーム。
圭太4
誕生日が同じだったり、同じ名前が何人もいたりと
どんな人がいるか自然に打ち解けてきて
5つのグループ分け。 
圭太5
大人もちょっとわくわく笑顔がこぼれます。
次にグループごとにお題を話し合い発表
1つは“今の子どもたちを表す漢字 
ポジティブとネガティブ1つずつ挙げて言葉づくり“
出てきたのは 忙遊 幼忙 世忙 素忙 豊忙
なんと忙しいの忙は5グループ全てにありました。
圭太13
2つめは“紙の一番下に スマホ 
その上にスマホで出来ること3つの言葉を書き出し
家系図的にどんどんその言葉のルーツを遡る“
最終的には、話す、想像する、外遊び、探検、のろし、手紙、
雅楽、太鼓の音、迷信などの言葉になりました。
そして、グループで座った状態で
「ホントの問題」につき話を聴きます。
圭太6
子どもとして生きる時間の分母は昔も今も変わらない。
なのに、便利なスマホにそれを奪われすぎている。
考える、あそぶ、関わる、調べる、出会う、買うなど
生活の中の面倒なことが、便利なスマホ任せになってやらなくなるのではないか?
ホントの問題とは、考えない、あそばない、関わらない
「生きるのが面倒くさくなる」「人間になれない」ということ。
人生で大事なことはだいたい面倒くさい、そして実は面白い、
あそびの中にたくさんそれはつまっている。
スアホを見せている分、同じくらい子どもと遊ばないか?
「リアルをおろそかにしちゃいけない」
子どもがそう思えているなら、持たせてもいいけど、大人が覚悟できているか?
特に思春期は、大人が話せる相手を持っていることを願う。
PTA、地域、子ども劇場など、面倒くさいけど大事で面白いことを、
まず大人が大事にしよう。
大人自らが人と関わり、楽しみ、
それを子どもたちに伝えていこうと感じられた時でした。
参加者は、グループワークがあり、講演を聴いたというより
参加した、楽しかったという印象が強いようで
リアルをおろそかにしちゃいけない、第2弾を聴きたいなど、
心にストンと言葉が響いた様子でした。


2部は中高生対象で行いました。
夕食のカレーを講師も含めみんなで一緒に食べてから、
和やかな中にも、心に響く言葉があったように感じます。
圭太8
まず、名前の漢字の画数順、カレーのおかわりしたことある杯数順で並ぶ
次に、トランプで1人ばば抜き、人間ブラックジャック21、をして
3つのグループ分け。
圭太9
そしてベストナインゲーム 1.野菜 2.子どものあそび
3.子ども劇場の面白い所 では、どのグループも
夏の交流会、子どものまち、青年を挙げていました。
圭太10
圭太11
それを受けさらに、法案審議“青年ロボット化法案”
各グループ政党名、賛成か反対か、理由は? 
そもそも青年とは? ただし…
ロボット化にはみんな反対で、人間くさい個性があるから面白い
という考え。楽しく遊びながら本音の気持ちが見えていました。
最後に、親でも先生でもない、隣のお兄さんのような立場の講師から
子どもたちへの言葉
圭太12
「そもそも」「子ども時代の分母は変わらないのに」
「ただほど高いものはない」「うまい話には裏がある」
「命や人生に関わることがある」「面倒なことは面白い」
「リアルをおろそかにしちゃいけない」
仲間と大切なことを感じ合えた素敵な時間となりました。

テーマのホントの問題にたどりつくためのワークショップで、自然と考えや
感じ方が言葉として見えてくる。楽しみながら、人と関わりながら、本質にせまっていく
展開はさすがでした。子どもにとって何が大事か、大人の心構え、
周りの子どもにも大人にも伝えたいと思います。 
北﨑さん、ならしのの大人と子どもにとって貴重な気づきの時間を
ありがとうございました。また会いたいです。

  


市民まつり「習志野きらっと2018」に参加しました

2018/07/17 Tue

7月15日(日)に行われた、市民まつり「習志野きらっと2018」のこども広場に
今年もフェイスペイントで参加しました。

こども広場は、習志野市青少年育成団体連絡協議会に加盟する
習志野市内で子どものために活動している団体が、
習志野市生涯学習部社会教育課と協力して開催しています。


今年も30度を超す猛暑の中
たくさんの子どもたちでにぎわいました。

フェイスペイントをするのは、
ならしの子ども劇場の会員のお母さん、青年、
そして小6と中2の女の子たち。
子どもたちとの会話を楽しみながらペイントしました。

きらっとまつり1

きらっとまつり2

きらっとまつり3


暑くて大変だったけど、出来上がったペイントを見て
うれしそうにしている子どもたちの顔を見たら、
疲れも吹き飛びます

510人もの子どもたちの笑顔に出会えた一日でした

くすくすサークル「菊田こどもまつり」

2018/07/11 Wed

7/8(日) 10:00~14:00 菊田公民館,公園にて行われた菊田こどもまつりに
毎年恒例の「クイズラリー」で参加してきました。

好天に恵まれ、大勢の子どもでにぎわったこどもまつり。
高校生や、元会員もお手伝いに入ってくれて、
今年もくすくすサークル恒例のクイズラリーを実施しました
菊田子どもまつりブログ

今年のクイズラリーは初の試みとして、午前と午後で高学年向けの問題を替えました。
一日お祭り会場で過ごす子どもたち。
例年「もう一回やる」とクイズラリーに何回も挑戦してくれるので、
少しでも楽しくなればと思い、やってみました。

問題の交換のタイミングが難しかったり、
交換前と交換後のクイズをミックスで回答してしまう子どもがいたり…
改善点はあります。
でも「問題が替わったんだって」と再度やってくれる子どももいて、
やってよかったと思いました

もう一つ、おまつりのかくれ名物(と勝手に思っている)、フリースペース!
毎年テーマを決めて、模造紙に自由に書いてもらうスペースです。

今年のテーマは「おまつりでやりたいこと」。
菊田こどもまつりの人気出し物、「お化け屋敷」が多かったですが、
「くじ」「金魚すくい」「いっぱい食べる」などなど、
幼児、小学生だけでなく、中高生や大人まで書いてくれて、
とてもにぎやかな紙面になりました。
菊田子どもまつりブログ2

日差しと子どもたちの熱気でとても暑かったですが、楽しく過ごせた一日でした

菊田こどもまつりは菊田公民館の主催で今年40回を迎えました。
地域の子どもたちが楽しく過ごせるようにと各イベントの金額も50円、100円が多いです。
毎年大勢の子どもたちでごった返します。
くすくすサークルは無料のクイズラリーで参加しています。
来年のこどもまつりには皆さんも来てみませんか?

人形劇「みにくいあひるのこ」

2018/07/11 Wed

7月1日(日)新習志野公民館にて、
くわえ・ぱぺっとステージによる人形劇「みにくいあひるのこ」を開催しました。

朝から設置したダンボサークル作成の看板。
あひるブログ看板

看板の下にはアヒルの親子が池で泳いでいます
あひるブログ看板2
公民館に来た親子が足を止めて見ていました


準備中の舞台裏を見せていただきました。
一人で演じるつげさん。工夫がいっぱい詰まった舞台裏でした
あひるブログ舞台裏

あひるブログ舞台裏2

ダンボサークル担当の昼食です。
あひるブログ昼食jpg
スタッフの分もおかずを作ってくれたのでいただきました。
とっても美味しかったです

事前活動の様子や次回のお知らせの掲示板です。
あひるブログ掲示
可愛いあひるは、総会の中で行った
うさぴょんまほうサークルのサークル発表でかぶったあひるの帽子です。

会員が作成した「さぼてんくん」。可愛いと大好評
あひるブログさぼてんくん
つげさんにもプレゼントしました

いよいよ開場。
86人の親子が観に来てくださいました。
あひるブログ開演前

今日の公演は、幼児親子体験ひろば「はぴはぴクラブ」の観劇体験でもあり、
はぴはぴメンバーも一緒に観ます。

はぴはぴメンバーは、事前活動であひるのペープサートを作ってきてくれました
あひるブログはぴはぴ
はぴはぴクラブの活動紹介の前の池に飾ってくれました。
どれもとっても可愛い

そして、14時!開演!
まずは、あいさつで観劇のお約束を伝えます。
あひるブログ挨拶
初めてのスタッフに練習の時は声が出なかった子も、
本番ではバッチリ大きな声で言えました

いよいよお話が始まります。
つげさんが出してくる形に、子どもたちは「まる!」「さんかく!」と
声を出して反応します。
つげさんはその声を受けとめつつお話を進めていきます。
初めから元気いっぱいの子どたちに大人も自然と笑顔が広がる空間でした

最初のお話、〇△□と卵の形でつくる「みにくいあひるのこ」では、
身近にある形から人形ができることが子どもたちの想像力を刺激し、
「次は何ができるんだろう」とワクワクした気持ちで観ていました。

また、つげさんが何役も演じ分ける楽しい声色に、
子どもも大人もつげワールドに魅了され、
本当にあっという間の時間でした。

楽しかったお礼にプレゼントを渡しました。
うさぴょんまほうサークルの親子とお友だち親子で作ったトートバッグと
さぼてんくん。
つげさんも喜んでくださいました。
あひるブログプレゼント

終演後、つげさんの周りには親子がたくさん集まり、
人形にさわらせてもらったりしていました。
あひるブログ送り出し

本当に楽しかったね


 

幼児親子体験広場 はぴはぴクラブ 作って食べよう♪かたつむりパン

2018/07/07 Sat

「幼児親子体験広場 はぴはぴクラブ2018」
 ~作って食べよう♪かたつむりパン~
6月3日(日) 谷津公民館 調理室

2018年のはぴはぴクラブの第1回目は、親子でパン作りを行いました。
このプログラムは成型の部分をゆっくり楽しみます。
スタッフが一足先に調理室でパン生地を仕込み、
みんながやってくるのを待ちました。
「幼児親子体験広場 はぴはぴクラブ2018」
 ~作って食べよう♪かたつむりパン~
6月3日(日) 谷津公民館 調理室

2018年のはぴはぴクラブの第1回目は、親子でパン作りを行いました。
このプログラムは成型の部分をゆっくり楽しみます。
スタッフが一足先に調理室でパン生地を仕込み、
みんながやってくるのを待ちました。
パン 生地作り
パン 生地発酵中

かわいいエプロン姿のみんなが集まったところで
講師の先生からパン生地のこと、形の作り方などの説明を聴きます。
パン はじまるよ

ひとりひとりに渡されたパン生地は、ほんのりあたたかくてやわらかです。
先生に言われたとおり、みんな両手でやさしくそぉーっと受け取ります。
パン 生地受け取り

いよいよ形をつくります。
「どんな形にする?」「う~んとね…」
親子で会話をしながら楽しく作業が進みます。
パン ママと考え中_convert_20180707041609 (1)

どのお母さんも子どもたちのやりたい気持ちをやさしく聴いています。
講師やスタッフが、一緒に作業をしながらその会話に加わります。
「上手くできたね」「どんなパンになるかな」
親以外の大人と話す中で、
ほめられたり共感してもらえる体験はとても大切です。

どの子も思い思いの形を作るのに夢中です。
なかなか根気も必要です。
パン こねこね_convert_20180707041722 (1)

形が出来ると嬉しい!
パン ばんざい_convert_20180707041823 (1)


そして二次発酵をさせて、いよいよオーブンへ。
上手く焼けるかな♬
美味しくできるかな♬

パンが焼きあがる時の幸せな香りが部屋中に広がると…
みんなのパンがこんがり焼きあがりました。
DSC_1319[312]_convert_20180707041751 (1)


なんだか食べるのが勿体ないけれど
みんなでパクリ。
「おいしいね」「ふわふわ~」
子どもたちもママたちも
みんな笑顔になりました。
おばあちゃまの参加もありましたが
お孫ちゃんが作った可愛いパンを
スマホで撮っておられました。

パンを焼くのはお家でもできます。
でも、みんなでやるからより楽しさが広がります。
他の子が自分とは違うものを作っていることに驚いたり
色々な人とお話したり…。
みんなで「いただきます」を言う時には
なんだか嬉しい気持ちになります。


※「はぴはぴクラブ2018」は通年参加登録型です。
  現在メンバ―追加募集中です。
プログラム詳細はHPをご覧ください。http://www.gekijou.org/hapihapi.html
 (参加費は登録時期によって変わります)
  お申込みお問い合わせは、ならしの子ども劇場までお問合せください。
プロフィール

ならしの子ども劇場

Author:ならしの子ども劇場
 
 
ならしの子ども劇場は、
子どもも大人も、ともに
成長できる...そんな場所です。
子どもたちが安心して生活できて
大人も安心して子育てできる
そんな社会になるように
活動しています♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR